週刊少年チャンピオン

ビースターズの死亡状況まとめ!ルイの右足が欠損した理由は?【ネタバレ】

草食動物と肉食動物が共存する世界を描いた『ビースターズ(BEASTARS)』。

この世界では、肉食動物は基本的に『肉』を食べることは禁止されています。

しかし、肉食動物が草食動物を食べてしまう『食殺』が頻繁に起こります…

また、物語が進むに連れ死亡するキャラクターも出てきます。

そのため今回は、

  • 何らかの理由で死亡したキャラクター
  • 体の一部が欠損したキャラクター

についてまとめていきます。

<スポンサーリンク>

ビースターズ(BEASTARS)で死亡した主なキャラクター

名前 安否 備考
テム 死亡 アルパカ。
チェリートン学園の演劇部部員。
同じ演劇部分のリズと仲良くなるが、食殺されてしまう。
シシ組ボス 死亡 シシ組のボスで名前は不明。
全身が白い毛の動物が好物のため、ハルをさらって食殺しようとする。
しかし、助けに来たレゴシにハルは奪われ、最後はルイによって倒され死亡する。
イブキ 死亡 シシ組の一員。
ボスを倒したルイをシシ組のボスにしようと提案する。
その後、シシ組のボスになったルイを何かと気にかける。
しかし、ルイがシシ組を抜けると言ったときに覚悟を確かめるため、ルイを襲おうとしフリーによって倒され死亡する。
オグマ 死亡 ルイの義父。
ホーンズ財閥のトップだが、子どもをつくれないため、裏市の生き餌販売所でルイを購入し引き取る。
最期は事故によって死亡

ビースターズ(BEASTARS)で体が欠損した主なキャラクター

名前 欠損 備考
レゴシ 物語が進むに連れ、多数の傷を負うが自分自身で歯を全て抜いた
歯を抜いたことで、さ行が上手く発音できなくなる。
見かねたゴーヒンが義歯を作ってくれ、現在は義歯をつけている。
ルイ 右足 レゴシによって右足を食べられる。
現在は義足をつけている。
キビ 右腕 演劇部部員。
部活のストレッチ中に肉食獣のタオによって右腕がちぎれる。
治療のおかげで神経も繋がり、動かせるようになってきている。
<スポンサーリンク>

ルイの右足が欠損した理由は?

ルイの右足が義足になった理由は、レゴシがルイの右足を食べたため。

なぜ、レゴシがルイの足を食べることになったのでしょうか・・・

レゴシは学園で起きた食殺事件の犯人を探します。

その犯人は同じ演劇部のヒグマのリズであった。

犯人がわかり、レゴシはリズと戦うことに。

しかし、リズはとても強くレゴシは苦戦。

その場にルイが現れ、レゴシとルイは一度隠れます。

そして、レゴシがリズに勝つためにルイは自らレゴシに足を食べるように言います。

ルイの足を食べたおかげで、レゴシはリズに勝つことができました。

また、レゴシが右足を食べたことにより、ルイは過去とも決別することができました。

ルイは元々裏市の生き餌販売所で生活をしており、その際に右足の裏に数字をいれられています。

その数字が書かれた右足をレゴシが食べたことにより、過去と決別しました。

リズとの戦いが終わり、ルイは入院。

病院に現れた父である、オグマに義足を作っていることを知らされ義足での生活が始まります。

<スポンサーリンク>

参照/引用

BEASTARS公式サイト
公式Twitter
Wikipedia

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。