『東京タラレバ娘』の最新刊8巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『東京タラレバ娘』の最新巻である8巻の発売日と、7巻のネタバレから見える8巻の内容を予想していきます!

東京タラレバ娘を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

5巻:2016年5月13日
6巻:2016年9月13日
7巻:2017年1月13日

このようになっています。


8巻の発売日(予想)は、


8巻:2017年5月13日発売予想

『東京タラレバ娘』完結!最終巻である9巻のネタバレと東村先生への感謝

2017.07.22

東京タラレバ娘を完全無料で読む方法!


「東京タラレバ娘 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく東京タラレバ娘を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると東京タラレバ娘の1巻~最新刊の7巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで東京タラレバ娘の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って東京タラレバ娘の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して東京タラレバ娘を無料で読むことをおすすめします!



7巻のネタバレから8巻の内容を予想


7巻では、物語の流れである倫子の環境が大きく変わる。マミと別れた早坂と急接近し、お互いを恋愛対象として意識する仲に。


しかし、そんな二人の仲をなぜか邪魔するKEYこと鍵谷春樹(以下KEY)。あれだけ「タラレバ」「行き遅れ女」「アンタとは恋愛できない」と倫子を罵り、正論をぶちかますクールなKEYだったが、なんと倫子と早坂さんとのデートに乱入する。そして早坂さんの前で「あんた俺のこと好きなんじゃなかったっけ?」「ちなみにこの人俺とセックスしてますからね」と、明らかに倫子と早坂の関係を壊そうとする発言をする。これまでのクールな彼からは想像もつかないほど幼い印象を受けた。


やっと幸せを見つけそうな倫子は、大人の対応でその場を切り抜けようとする。そのさらに上の大人の対応、、かつ男気を見せたのはあのおっとりした人当りのいい早坂だった。「ご心配ありがとうございます。KEYさんにご迷惑がかからないように気をつけますね。」と残し、二人はその場を去る。


KEYの乱心(邪魔)というアクシデントも大人の対応で乗り越えた二人。互いに30代独身の倫子と早坂は、相手に自分が等身大でに振る舞えること、一緒にいる安心感、といった「普通の幸せ」にを求めていることに気づき、ますます距離を縮める。そして早坂の提案により、倫子は早坂と同棲することに。香、小雪も倫子のタラレバ娘卒業を祝福する。


倫子が着々と「普通の幸せ」の獲得に向かっているなか、物語の裏では、ドキュメンタリー映画の撮影をする監督によって、KEYの過去が明らかになっていく。


KEYが以前結婚していたという女性「沢田曜子」。彼女は、生まれつき腎臓が弱く、幼いころ入院生活を送っていたKEYの主治医だったという。KEYが彼女に初めて会ったのは、KEY10歳、沢田が24歳のころ。それから沢田が33歳のときに進行性の癌によって亡くなるまでの8年間、「主治医」と「患者」という関係のなか、密かに彼女への思いを募らせてきたKEYだったが、残された時間が少ない沢田が「お嫁さんになりたかった」と冗談交じりで話す姿に、KEYは沢田との結婚を決心する。


どことなく容姿や「タラレバ」言う部分が似ていた倫子が別の男と結ばれようとする現実と、掘り起こされる辛い過去。KEYの精神的ダメージをよそに、どちらも事は進行していく。


監督から沢田が亡くなった病院の屋上、KEYが沢田との結婚を決意した屋上で、沢田が亡くなったときのことを話す姿が撮影したいとオファーがあった。


精神的苦痛を心配する事務所の社長には「大丈夫」と強がりを見せたKEYだったが、撮影の時間を過ぎても姿を見せることはなかった。ドキュメンタリー映画の撮影を手伝うことになったマミは、一番に社長とKEYの捜索を始めることになる。企画の説明として、社長に幼いころのKEYと沢田の映像を見て、沢田と倫子が似ていることに気づく。


KEYの行動は、倫子が関係しているかもしれないと考えたマミは、小雪と香へ助けを求めた。3人は、急いで倫子と早坂が暮らすことになる新居を訪ね、倫子に「第4出動」をかける。


8巻では、倫子たちがKEYを探すことから始まるだろう。しかし…KEYは何の縁もない海辺で一人主思いにふけっている。探すだけでも困難だろう。


ただ7巻の最後で発令された「第4出動」。これによってまずは倫子たちは話し合いを行い、そこの結論次第でKEYの元へ行くかどうか決まる。KEYの気持ちを知っても、倫子が早坂さんと一緒にいたいと思えばそれまでだ。でも結局倫子はKEYと付き合うことになりそう。花より男子でいえば、早坂さんは花沢類(立ち位置的な話)、KEYが道明寺で、倫子が牧野つくし。様々な展開があっても道明寺と牧野は結ばれる運命なのだ。東京タラレバ娘も同じような展開になりそう…。








<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。