『奴隷区 僕と23人の奴隷』の最新刊6巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『奴隷区 僕と23人の奴隷』の最新巻である11巻の発売日と、10巻のネタバレから見える11巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

8巻:2015年9月25日
9巻:2016年5月12日
10巻:2016年10月28日

このようになっています。


11巻の発売日(予想)は、


完全に未定です。


形式的には10巻で完結扱いのため、11巻は出ないかもしれません。ただ10巻の最後に「2017年に新章スタート」をにおわせる文言があったので、続編が出ることは確定かなと。情報が入り次第こちらも更新します。

10巻のネタバレから11巻の内容を予想


10巻のカギはゼロ。ゼロは二重人格(母親が憑依?)のため、人格:ゼロの時はタキオの奴隷であり、人格:キヨの時は奴隷ではないフリーなのだ。その状況を絶妙なタイミングで使い、タキオを無事撃破することができた。ズシオウマルも無事でよかった。


10巻で第一章が完結。なんとも気持ちの良い終わり方…だった。実は奴隷区に関しては、私は小説で知った。普段は漫画しか読まないが珍しく面白そうな小説だったので一気読み。その後に奴隷区の漫画の販売が始まった。そのため、奴隷区の話しの流れは把握していて、漫画もほとんど小説の通りに終わった。


が…小説のまま終わるのなら10巻で終わり。しかし明らかに10巻の最後に11巻以降で繰り広げられるであろう【第二章】の模様が。


奴隷区の世界観や、SCMというシステムを使った設定は個人的にかなりツボなので、これらを継承しているであろう第二章には大いに期待。可能なら第一章を超えるレベルのものを願う。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。