youtubeで見れる烈火の炎は幽遊白書のパクリじゃない!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、思い出深い『烈火の炎』という漫画をご紹介します。


烈火の炎はネット上で、


・幽遊白書のパクリ

・劣化の炎


などなど…悲惨なことを言われていますが…


そうじゃないよ!面白いよ!ということが、今回少しでも伝わればと思います。

烈火の炎はこんな漫画だ!


ネタバレしない程度にお伝えしますね。


烈火の炎をざっくり言うと、

現代の忍大戦』です!


過去の忍者集団『火影』が作った武器「魔道具」を使い、現代に生きる忍たち(忍以外の一般の人もいる)が戦うといったもの。


ただ、少年漫画なため、リアルな現実…というよりも「現代だけど現代ではない世界観」をしています。



主人公は花菱烈火


烈火は手から炎を生み出す力を以前から持っていました。これは魔道具を使わなくても出せるものです。(詳細は漫画内で確認してください!)


そんな烈火がある日、傷を癒やす力を持つ佐古下柳という少女に出逢いました。柳と出会い、烈火は自分の力を明かしたのですが…


その時、謎の女が登場・・・


そこから烈火の炎本編が始まるのです…!


また、烈火は常に手甲をしていたのですが、手甲を外すと「八竜」という、八つの炎を操る力に目覚めたのです。


八竜の秘密、烈火の出生の秘密、魔道具の秘密、烈火のライバル紅麗の正体とは…


この続きは烈火の炎を読んでご確認ください!

烈火の炎の主要登場人物


花菱烈火

花菱烈火

花菱烈火が烈火の炎の主人公。烈火は幼少の頃から不思議な力を持っていた。それは手から炎を出せるというもの。


また、大の忍者好きなため、歴史の授業だけはまじめに聞くという面もあります。笑


でもまさか…彼の忍者好きなあんな秘密があったとは…。


佐古下柳

佐古下 柳

烈火と同級生。傷を癒やす”ヒーラー”の力を持つ少女。烈火と同様に魔道具を介さずとも力を使うことができる。


柳は幼稚園などに、自作の紙芝居を持って行き読み聞かせするのが趣味。


ただし絵の実力は…。


霧沢風子

霧沢 風子

烈火の幼馴染。幼少の頃から烈火に片思いをしていた。風子は、風を操る魔道具「風神」を使って戦う。


風神は超イケてる魔道具!


石島土門

石島 土門

烈火の元ライバル。いや…土門が勝手に烈火をライバル視していただけか…。また、土門は風子に片思い中!


土門は、常人よりも怪力を発揮できる魔道具「土星の輪」を使う。


他の主要キャラは、最初から力が備わっていたり、決まった魔道具を使って戦うが、土門だけは複数の魔道具を使い戦うスタイル。


個人的に、魔道具「鉄丸」のくだりは最高だった!


水鏡凍季也

水鏡凍季也

柳が水鏡の亡くした姉にそっくりなため、柳を大切に思っている。(恋愛感情はおそらくない)


剣の使い手で、主要人物の中でも強キャラだった。最初は強キャラだったんですが…後々では強い印象が薄れていくかと…。


とはいえ、主要キャラの中でも随一のイケメンキャラなので貴重。


また、水鏡は魔道具「閻水」を使う。閻水を使った基本的な戦い方は、水から刃を形成し”水の剣”で戦う。


幽遊白書と烈火の炎の違い


似てないか?と言われたら嘘になります。似ているんです!Σ(´∀`;)確かに基本の設定は似ている箇所が多いです。


でも、明らかに違う部分もあるんですよね。


私が個人的に最も違うなと感じる部分は「敵」です。


幽遊白書の場合は、「戦いて~!戦いくれくれ!!」って感じで敵を倒したら次の敵、次の敵となっていきます。


それに対して烈火の炎は、最初から最後まで「森光蘭」という敵ただ一人。


この敵を倒すために様々な戦いをしているのです。ちなみに、森光蘭は最初から最後まで気持ち悪いです(いろいろな意味で…)


烈火の炎はこんな人におすすめ!


☑ バトルが好きな人

☑ 忍者物が好きな人

☑ 異能力バトルものが好きな人

☑ 幽☆遊☆白書が好きな人…笑

映像化情報


アニメ


1997年7月19日~1998年7月10日。

全42話。


個人的に・・・

漫画>>>超えられなさすぎる絶壁>>アニメ

って感じのクオリティでした。


ゲーム


烈火の炎 THE GAME

ゲームボーイアドバンスのゲーム。

2001年12月20日に発売。


アニメバトル 烈火の炎 〜Flame of Recca〜 FINAL BURNING

PlayStation 2のゲーム。

2004年6月10日発売。


烈火の炎 BURNING EVOLUTION

スマホアプリ。

2012年7月19日公開。(現在はすでにない…)


作者情報


作者名


安西信行 先生


作者の主な作品


◯連載終了

・烈火の炎(全33巻)

・R・PRINCESS(全3巻)

・MÄR(全15巻)

・MIXIM☆11(全12巻)



おすすめ度+読んでみての感想


元々「MÄR」を読んで、作者の安西さんを好きになり烈火の炎に出会いました。「MÄR」は「MÄR」でいい漫画ですが、個人的に烈火の炎のほうが好きです。


烈火の八竜が徐々に力を解放する場面や、次の竜はどんな炎の力があるのか!?などなど、たくさんのワクワクが待ってますぞ( ˘ω˘ )


特に、七つめの竜である「虚空」の炎は…もうね…中二心がくすぐられます。笑 


10年以上前に完結した漫画とはいえ、今の高校生たちが読んでもハマると思います。


違法アップロードですが、YouTubeにアニメが上がっているのでそちらをチラッと見てから原作を読むのもありです。(小声)


ぜひ、一度読んでみてください!

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。