『Dimension W(ディメンションW)』の最新刊12巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『Dimension W(ディメンションW)』の最新巻である12巻の発売日と、11巻のネタバレから見える12巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

9巻:2015年12月25日
10巻:2016年3月25日
11巻:2016年9月24日

このようになっています。


12巻の発売日(予想)は、


12巻:2017年4月25日発売予想

11巻のネタバレから12巻の内容を予想


11巻はエリーとルーザーの過去編から始まった。エリーが自分を番号で呼ぶ謎の施設で高等な教育を受けていて、そこから脱走したこと。その後に漁船の動力室に隠れ脱出に成功したこと。その漁船がジュリアンを意図せず引き上げてしまい、ジュリアンの手術をエリーが手伝ったこと。凄まじい過去編だった。


そして10巻でようやく終結したジェネシス事件からすぐにキョーマたちは新たな事件に巻き込まれていく。依頼はいつもの不正コイルの回収。不正コイルを所持していたチンピラをキョーマが捕まえ入手元を聞き出した。彼らが言うには、倉庫の真ん中に金を置くと男が現れ不正コイルを置いていってくれるとのこと。キョーマはすぐに実践。男は現れ戦闘になった。


その間にキョーマの車番をしていたミラの元に1巻で登場したウォン兄弟とその仲間が。ミラは拉致されてしまった。そして連れて行かれた先にいた男は、かつて百合崎セイラ博士と娘を殺害した傷の男。名前をドレイク・ホーン。秘密結社ユドスに属する男だった。


結局今回はミラを開放したが真の目的は…。キリのいいところで11巻は終わった。


12巻では救出されたミラのメモリーから今回の一部始終をコオロギが再生し、全員に百合崎博士の死亡の原因、そしてミラとドレイクの戦いの映像を見る。そして最近コオロギが調べて一つの答えにたどり着きそうな、ミラのコイルの謎について明かされそう。


今回から新章が幕をあけた。今回の敵は以前と比べ物にならないほどの強敵だ。ドレイクとすれ違っただけで、キョーマは自分の首をもぎ取られることをイメージしたほどに…。ただ11巻を第一章としたなら、第一章でキョーマの”ある勘違い”が払拭されたはずだ。


それは「コイル嫌い」という勘違い。もちろんこれからも昔の車、昔の電化製品を使っていくかもしれないが戦闘面においてキョーマは大きく強化する必要がある。その一番の近道は、スピンダーツ使いに戻ることではないだろうか。彼はコイル嫌いという勘違い(過去の事件はコイルのせいで起こったと思っていた)からスピンダーツから鉄串に武器を変えたが、その必要性はないだろう。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。