『この音とまれ!』の最新刊14巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『この音とまれ』の最新巻である14巻の発売日と、13巻のネタバレから見える14巻の内容を予想していきます!

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

11巻:2016年3月4日
12巻:2016年7月4日
13巻:2016年11月4日

このようになっています。


14巻の発売日は、


14巻:2017年3月3日発売予定

『この音とまれ!』の最新刊15巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

2017.03.03

13巻のネタバレから14巻の内容を予想


13巻ではとうとう本命たちの演奏が始まった。今回のコンクールでの本命は、姫坂、珀音、そして時瀬。姫坂の圧巻の演奏は12巻であった。今回は珀音と時瀬の回だ。


序盤は珀音の過去編。珀音の山本先生は数学の教師。数式が好きという方であって、琴の楽譜…ひいては音楽そのものを「愛する数学の世界そのもの」と表現する変わり者。彼の得意な数学を上手く使って作ったオリジナル曲は、コンクルーツで勝つために完璧された曲。


珀音の神崎を活かすために作った今回の楽曲によって、神崎は演奏中に覚醒することができた。時瀬にとっては大きな脅威だ。


そして時瀬の演奏が始まる。序盤はさとわの圧巻の演奏で会場を釘付けにし、十七絃の愛と足立の優しく包むような、さとわに協調するような演奏。一、ニコトも上々の出来で会場は時瀬の演奏に酔いしれた。


13巻は結果発表。全国へ出場できるのは1校のみ。個人的には時瀬に勝ってほしいと感じるが、読者によって分かれそう。どの高校も本気だし、背景の物語が描かれているため応援したくなる。審査は割れるだろう。もしかするとレベルが高い大会のために特例として2校…よくて3校の全国行きが認められる可能性も…。


とはいえ勝負の世界。どの高校が勝ってもおかしくない、セリフと絵だけでも素晴らしい演奏だったと伝わるコンクールだった。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。