『火ノ丸相撲』の最新刊14巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『火ノ丸相撲』の最新巻である14巻の発売日と、13巻のネタバレから見える14巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

11巻:2015年9月2日
12巻:2016年11月4日
13巻:2017年2月3日

このようになっています。


14巻の発売日は、


14巻:2017年4月4日発売予定

13巻のネタバレから14巻の内容を予想


13巻では、うしおの腕も無事復活しダチ高は3回戦も3連勝で余裕の勝利。そして今刊の最大の目玉である「天王寺vs久世」。両者とも全力を出し尽くし激戦になった。最終的に久世が天王寺を押し切り勝利。まさかの天王寺の敗北。


ただ個人戦での天王寺の敗北は、天王寺を新たな怪物へと成長させた。その後の団体戦ではこれまで以上に圧倒的な戦いをし、場内に一瞬静寂がおこるほどの勝ち方をした。うしおはうしおで完全復活した腕で団体戦を勝ち上がっていく。


そしていよいよ、ダチ高vs鳥取白楼の団体戦が始まる。先鋒戦はダチ高から小関、白桜からは合気道と相撲を融合させた動きをする榎木。序盤は技術、気迫でも榎木が優勢。…だったが、13巻の終盤では小関の気迫が上回っているように見える。小関の表情が怖い。気迫にみなぎっている。


14巻では小関vs榎木がメインで行われる。小関はいかにして榎木の合気道×相撲を攻略するのか…。


そして数話で決着が着いてしまうが、個人的に14巻で注目してほしいのは「三ツ橋vs首藤」。三ツ橋はこれまで苦渋を舐めてきた。3回戦まで一度も勝利を上げることなく、でもチームは勝利。そして4回戦で鳥取白楼。相手は三ツ橋よりも25cm近く身長が高く、体重は三ツ橋の3倍近くもある巨体の首藤。


誰が見ても絶望的だが、三ツ橋は様々なテクニックを駆使する。相撲ファンから見れば下劣に映ってしまうしまうかもしれない。しかし彼の勝ちたい気持ちが全面に出ている戦いで、ダチ高になんとしても勝ってほしいという想いが伝わる素晴らしい試合だ。


結果として続く、佑真、國崎、うしおに熱い想いを届けられ、チームの士気が大きく上がった。三ツ橋は読者から見ても弱小キャラかもしれないが、個人的にダチ高に必須のキャラであると感じる。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。