『銀魂』の最新刊68巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『銀魂』の最新巻である68巻の発売日と、67巻のネタバレから見える68巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

65巻:2016年8月4日
66巻:2016年11月4日
67巻:2016年12月31日

このようになっています。


68巻の発売日は、


68巻:2017年4月4日発売予定

67巻のネタバレから68巻の内容を予想


67巻では、徳川喜々が解放軍のトップである紫雀に交渉へ。坂本とカツラが付き添った。最近はシリアスな展開だったが、ここでギャグを交えた展開で久しぶりに銀魂をギャグを見た感じがして嬉しかった。結果として話はまとまり、江戸各地に散らばる解放軍の暴動の平和的解決、市中における軍の規律統制などを約束することに成功。ただし地球に駐屯する軍を引かせることは不可能だった。


ただ…、解放軍が戦っていると思っていた天導衆は地球にはもういない。天導衆のトップはすでに奈落の襲撃によって壊滅。戦いは終結するかに思えたが、圓翔の憎しみは収まらず、紫雀を監禁。圓翔が解放軍のトップとなり地球制圧に大きく動き出す。喜々たちの交渉もおじゃんになってしまったのだ。


地球は窮地に陥り、解放軍は空からも攻撃してきた。絶望的状況かと思われたが新撰組が駆けつけた。かっこよすぎる…。さらに才蔵率いる御庭番衆も!熱い!ここで67巻は終了。


68巻では、67巻終盤で盛り上がった展開を打ち消すほどの絶望が…。地上に三大傭兵部族の茶吉尼、辰羅、夜兎が放たれたのだ。。。


また空からの攻撃に対抗するために限外のカラクリ、タマと金時の力を使い、新たに作った装置を起動させすべてのカラクリを無効化した。これによって空からの攻撃は止み、地上を制圧すればよかったのだが…。


茶吉尼がやばい。茶吉尼のトップが恐ろしく強いのだ。これまで登場した江戸の全勢力&銀時たちを持ってしても勝てるかどうか…、といったレベルで孤軍奮闘する。


68巻は茶吉尼に対抗するため、九兵衛の登場で終わるだろう。次巻も熱い展開の連続+懐かしのキャラ満載なので楽しみにしてほしい。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。