『MAJOR 2nd(メジャー2)』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『MAJOR 2nd(メジャー2)』のレビュー記事となります。


大長編野球漫画『MAJOR』のその後の話。MAJORを読んでいなくても楽しめる内容になっています。


MAJOR 2nd(メジャー2)はこんな漫画


主人公は茂野吾郎の息子である、茂野大吾。父に憧れ野球をしている小学6年生。


しかし…。彼は父と違い野球の才能に恵まれていない(と本人は思っている)。もちろん父のような豪腕ではなく、遠投も苦手な様子。バッティングもいまいち。周りからは期待の眼差し。でも期待に応えられず…。


そんな状態に耐えかね大吾は野球を辞めてしまった。


ある日大吾の学校に転校生が。この転校生は佐藤寿也の息子である、佐藤光。佐藤光との出会いによって物語は動き始める。


MAJOR 2nd(メジャー2)の主要登場人物


茂野大吾


主人公。父ほど抜群の野球センスはないが、努力は人一倍する。


佐藤光


佐藤寿也の息子。抜群の野球センスがあり、どことなく天才オーラをまとっている。


卜部


三船ドルフィンズのエース。


野球選手の二世たちを毛嫌いしている。


アンディ


卜部のバッテリー。ポジションはキャッチャー。


体同様に心も広い。


MAJOR 2nd(メジャー2)はこんな人におすすめ!


☑ 才能のない主人公が強くなっていく過程が好きな人

☑ 野球が好きな人

☑ 野球の監督をしている人


映像化情報


映像化の情報はありませんが、今後確実にアニメ化を果たす作品です。


作者情報


作者名


満田拓也 先生


作者の主な作品


・MAJOR


見どころ


本家MAJORと違って、大吾は野球センスにそこまで恵まれていない。言ってしまえばそこら辺にいる野球少年と何ら変わりないのだ。だからこそ(私たちと近い存在の)大吾が二世の重圧に耐えかね、野球を辞めてしまうのも納得がいく。


そんな時に出会った佐藤寿也の息子、佐藤光。光は大吾と違って抜群の野球センスを持っている。野球を一度もしたことがなかったのに、たった数日でエースで4番を張れるほどの実力。そしてどこか嫌味のない雰囲気で大物感がひしひしと伝わる。


正反対の二人。でも光の人柄や周りの影響もあり、大吾は徐々に野球へと再熱していく。人一倍努力して、試合で少しだけ練習の成果をだすことができる。


そんな過程を見るのがたまらなく面白い。MAJORの時と同じような笑いも挟まれており、楽しみながら読むことができる。


本作もMAJOR同様に「小学編→中学編→高校編→メジャー編」と長編になるかは不明だが、MAJORと同じように小学編は忘れてしまった熱いものを思い出させてくれるようだ。


MAJORを読んだ方ならぜひ、そうでない方でもMAJOR 2nd→MAJORと読むこともできる。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。