『亜人』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『亜人』のレビュー記事となります。


実は自分は人間じゃないのかも…と思っている方必見。


亜人はこんな漫画


主人公の永井圭は勉強のできる高校生。立派な人間になるため勉強をし、(本当はどうでもいいと思っている)交友関係も大切にしている。


そんな彼がある日考え事をしながら歩いていると道に飛び出し、トラックに跳ねられてしまう。誰もが即死と思ったその時…。


永井圭は立ち上がった。ずたずたに引き裂かれた肉体を回復させながら…。そう、彼は人間ではなく亜人だったのだ。


亜人とはどれだけ殺しても再生し死ぬことはなく、また黒い幽霊?(亜人同士でしか目視不可)を出現させ動かすことのできる生き物。


皮肉なことに立派な人間を目指していた永井少年は、立派どころか人間ではなかったのだ…。そしてこの世界は亜人に優しくない。


亜人は人体実験材料として政府からの捕縛命令がある。人権だってない。永井圭はどうなっていくのだろうか…。


亜人の主要登場人物


永井圭


主人公。亜人。


「周りの評価がすべて」のような人間。たまに評価度外視の行動も行うため、少しは優しい一面もあるの…かな。


海斗


圭の幼馴染。海斗はやんちゃっぽく見えるため、付き合うと周りからの評判が悪くなると考えてか、圭は海斗との交友関係をなかったことにしている。


佐藤


殺しが大好きな軍人。自在に黒い幽霊を操ることができ、亜人としての能力を遺憾なく発揮する。強敵。


亜人はこんな人におすすめ!


☑ 作画が独特でも漫画を読むことができる人

☑ 軍隊が好きな人

☑ 死なない体に憧れる人


映像化情報


テレビアニメ


1クール:2016年1月~4月
2クール:2016年10月~12月


アニメ映画


『亜人-衝動-』2015年11月27日

『亜人-衝突-』2016年5月6日

『亜人-衝戟-』2016年9月23日


作者情報


作者名


桜井画門 先生


作者の主な作品


・自発あるいは強制羞恥


見どころ


“不死”は誰もが憧れる超能力の一つ。そんな不死の存在である「亜人」になってしまった…というか亜人と分かった少年の物語。死ぬこともなく、傷ついても再生することができる。致命的な怪我をした場合は、一度死ぬか!という発想に至ることもあるし、実行できる。


しかし世間の目は冷たい。私たちの住む世界と同じように「認識外のものは管理したい」といった考え方で、亜人を見かけたら通報することが義務化している。通報を受け、捕獲された亜人は人体実験材料として使われる。モルモットのように。いや…もっと酷い。それでも亜人は再生するから何度も材料として使うことが可能。


人体実験に関しては世間では認知されておらず、捕獲された亜人は施設に収容されている…程度の認識だろう。また、亜人は再生能力に優れているが痛みは感じる。そのため人体実験は過酷を極めるのだ。


そんな中、佐藤という亜人が人間に対して宣戦布告。亜人が住みやすい国を作るという考えのもと、多くの亜人を募り戦争を起こそうとする。しかし佐藤の考え方はどうなのか。飛行機を墜落させ無関係の一般市民を落としたり…。


佐藤のやり方に疑問を持ち、佐藤という男に不信感を持つ永井圭は佐藤に反旗を翻し、人間側につく。「亜人vs亜人and人」決着はどのようにつくのだろうか。そして人が勝った場合、亜人の待遇は今後どのようになるか…。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。