『斉木楠雄のサイ難』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『斉木楠雄のサイ難』のレビュー記事となります。


この漫画はアニメでも面白いですし、漫画でも笑える部分が多くて、シュール系が苦手な私もとても楽しませていただいています。


斉木楠雄のサイ難はこんな漫画


主人公の斉木楠雄は超能力者。


しかし、超能力を使えることがばれれば面倒なことになってしまう。そのため静かに、目立たずに暮らしたいのだが…。


クラスメイトの数名に気に入られ面倒に巻き込まれたり、学校一(もしかすると日本一)の美女に好意を持たれ変に目立つことも。


そんな状況に苦悩しつつ、心のどこかで楽しんでいる斉木くんを中心としたコメディ漫画。


斉木楠雄のサイ難の主要登場人物


斉木楠雄


主人公。超能力者。


海藤瞬


斉木くんのクラスメイト。


重症の中二病患者で、ダークリユニオンという組織から狙われているらしい…。


燃堂力


斉木くんのクラスメイト。


嫌われ者なのだが、とても純粋で男気がある。


照橋心美


斉木くんに思いを寄せる、空前絶後の美少女。


神様に愛されすぎている。


斉木楠雄のサイ難はこんな人におすすめ!


☑ コメディ系が好きな人

☑ シュール系の笑いが苦手な人

☑ 日常系の漫画が好きな人


映像化情報


アニメ


1期:2016年7月~12月。


2期も決定している。


実写映画


2017年公開。


作者情報


作者名


麻生周一 先生


作者の主な作品


・ぼくのわたしの勇者学
(この作品もおすすめです)


見どころ


何と言っても、超能力が使えるってのは便利!…という考えを改めなければと思わせてくれる。どんな超能力にも「たしかに…」と思わせられるようなデメリットの存在を知れるからだ。


そして何よりのデメリットは「自分が超能力者とばれること」。想像してほしい。自分が超能力者でそのことが世間にばれてしまったら…。非常に面倒だろう。


ただ、斉木くんには「マインドコントロール」という能力がある。これは斉木くんが普及したい考え(常識)を地球全体に浸透させる力。この能力を使って、たとえば「超能力者は稀にいるが、珍しくない」といった考えを普及させてはどうだろうか?


まあでもこれにも何らかのデメリットがあるのかもしれません。超能力者のことは超能力者が一番分かっているので。


とはいえ、斉木楠雄のサイ難は笑いだけでなく、友情あり、笑いあり、笑いありといった感じで非常に楽しめる作品。


「最近暇でやることないんだよな…」といった方はぜひ手にとって読んでみては?

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。