『ダンジョン飯』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『ダンジョン飯』のレビュー記事となります。


RPGのゲームやオンラインゲームをプレイした、している方必見のマンガです


ダンジョン飯はこんな漫画


RPGや現在の主流であるオープンワールドのゲームをプレイしていると、敵キャラが登場します。


あなたはその敵キャラを食べて見たいと思いませんか…?思いませんよね。笑


しかしダンジョン飯の主人公は、敵キャラを食したいという欲求が非常に高く、またお金もなくてダンジョン内で冒険をしながら敵キャラを食す状態に陥ります。


当然ダンジョンに潜るわけなので、一人ではなくパーティ(ギルド)で行動します。最初は「え…食べるの…?」と困惑気味だったパーティも今では…。


ダンジョン飯の主要登場人物


ライオス


主人公。


種族は人間で、妹をダンジョン内で失ったため救出に向かう。


マルシル


魔法使い。種族はエルフ。


様々な魔法を使うことができるのだが、ダンジョン内のモンスターを食べることに抵抗を持っている。


チルチャック


鍵師。種族はハーフフット。


罠の解除や宝箱の解錠を担当。ライオスとはとても仲がよく見える。


センシ


斧戦士。種族はドワーフ。


以前からダンジョン内のモンスターを調理、食することを研究しており、主人公たちのギルドに同行する。


ダンジョン飯はこんな人におすすめ!


☑ ゲームが好きな人

☑ モンスターを食したい願望がある人

☑ クックパッドに飽きた人


映像化情報


映像化の情報はありません…。


ただし、今後確実に何らかの映像化を果たす作品です。


作者情報


作者名


九井諒子 先生


作者の主な作品


◯連載終了

・竜の学校は山の上


見どころ


ダンジョン内のモンスターを食したいと思うことがあるだろうか?


この作品には、多くのゲーム愛好者の知るモンスターが多数登場する。スライム、ドラゴン、人食い植物、ゴーレム、ミミック、ケルピー、大カエル。主人公たちはこれらをセンシの指示に従い調理し、ダンジョン内で美味しくいただく。


しかも驚くことに、読み始めの頃は「え…これ食べるの…?」から読み進めていくにつれて「美味しそう!」「これはありだね!」と、主人公ライオスのような感覚になってくるのだ…。作者の表現が上手なのか、それとも絵が美味しそうに見えるのか…。


とはいえ、架空の食材、架空の料理、しかもゲテモノ系を読者に美味しそうと感じさせることは凄い。そういう意味では、この作品はある種の中毒性が存在するのではないだろうか。


お腹が減っている時にぜひ読んでほしい作品。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。