『青の祓魔師(エクソシスト)』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『青の祓魔師(エクソシスト)』のレビュー記事となります。


「エクソシスト」をスマホやPCで変換すると「祓魔師」になるんですね…。当て字と思っていました。


今回はそんな青エクのレビュー記事です。


青の祓魔師(エクソシスト)はこんな漫画


個人的に青エクの主人公は二人だと思います。一人は兄の奥村 燐(りん)。もう一人は弟の奥村 雪男(ゆきお)。二人を中心とした物語。


兄の燐は自分を人間だと思っていた。いや、多くの人がそうだろう。自分が魔法使い、自分が悪魔、自分が神…そんなことを考えるのはアレな人だけで。燐も同じように自分のことを人間だと思っていた。しかし、燐は人間と悪魔(サタン)との間に生まれたハーフだったのだ。


そのことをずっと隠していたのは、育ての父である藤本獅郎。藤本獅郎は最上位の祓魔師であり、また最強の悪魔サタンの憑依に耐えうる世界で唯一の存在であった。


しかし、燐から浴びせられた言葉により獅郎の心は揺らぎ、その隙をつきサタンが獅郎に憑依してきた。憑依された獅郎は燐と、残っていた獅郎の自我により虚無界(ゲヘナ)へ送ったのだが、獅郎は死去。


燐は責任を感じ、またサタンを倒すために祓魔師を目指すため、祓魔師養成塾「祓魔塾(ふつま塾)のある、聖十字学園高等部に進学したのだった。


燐が祓魔師として成長する様、弟である雪男の心の成長や葛藤、二人を中心に進んでいくストーリー…必見。

青の祓魔師(エクソシスト)の主要登場人物


奥村 燐


主人公。


サタンと人間のハーフ。


サタンだけが使える「青い炎」を使うことができる。


奥村 雪男


もう一人の主人公。燐の弟。


雪男もサタンと人のハーフだが、今のところ燐のように青い炎を出したり、悪魔の尻尾は生えていない。


燐の通う祓魔塾の講師。


藤本 獅郎


燐と雪男の育ての親。


最上位の祓魔師の称号である「聖騎士(パラディン)」だった。


メフィスト フェレス


正十字学園の学長。悪魔。


獅郎の友人らしいが常にあやしく、人の味方なのか、サタンの味方なのは不明。


青の祓魔師(エクソシスト)はこんな人におすすめ!


☑ 海外ドラマスーパーナチュラルが好きな人

☑ ハリーポッターが好きな人

☑ 声優が好きな人

映像化情報


テレビアニメ


一期:2011年4月17日~2011年10月2日


二期(京都不浄王編):2017年1月~


※一期の終わりはアニメオリジナルで終わっていて、原作とは一切関係ありません。そのため原作に忠実な二期は、一期の続きではないので、原作を読んで二期を見ることをおすすめします。


作者情報


作者名


加藤 和恵 先生


作者の主な作品


◯連載終了

・ロボとうさ吉


見どころ


ハリーポッターと海外ドラマのスーパーナチュラルの設定のいいとこ取りをし、日本版にアレンジしたような作品。ばかにしているわけではなく、私は上記二作品が好きなため、青エクはドストライク。


また青エクは、週刊少年ジャンプで重要視されている「努力・友情・勝利」の理念を大事にしている感があって、特に友情に力を入れている作品。


燐は自分がサタンの息子であることを隠していたが、あるタイミングで祓魔塾の友人たちにばれてしまった。しかも友人たちは、サタンによって親や兄弟を殺されていたり、サタンによって生活を変えられたサタンの被害者…。


そのためこれまで構築してきた関係は悪化する…。こんな絶望的に壊れてしまった関係をどう立て直すのか?こういった点も、ぜひ青エクを読んでほしい。また燐がサタンの青い炎の能力を使いこなしていく様は、ザ・王道といった感じで純粋に楽しめる。



そしてこれまであまり触れてこなかった弟の雪男。雪男は一言でいうと…優秀かわいそう。燐と雪男は双子なのだが、雪男のほうが圧倒的に優秀なのだ。勉学も、祓魔師としても、女性にもてるという意味でも。


それでも雪男は燐に対して劣等感を抱き続け、どこか心に闇を抱えている。自分もサタンの能力を発動するのではないかとビクビクしている。


アニメ一期のオリジナル展開では、雪男にサタンが乗り移ったが、原作でもそのようになりそうな気が…。ぜひ雪男にも注目して見てほしい。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。