『BEASTARS』の最新刊9巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『BEASTARS』の最新巻である13巻の発売日と、8巻のネタバレから見える9巻の内容を予想していきます!

BEASTARSを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

6巻:2017年12月9日
7巻:2018年2月8日
8巻:2018年5月8日

このようになっています。


9巻の発売日(予想)は、


9巻:2018年8月8日発売予想

BEASTARSを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

BEASTARSの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってBEASTARSの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してBEASTARSを無料で読むことをおすすめします!



『BEASTARS』8巻のネタバレ


レゴシは何者かに襲われた。おそらくレゴシを襲った犯人はテムを殺し、食べた犯人。レゴシはこれ以上学校にいれば自分の身が危ないことと、犯人を捕まえたいという気持ちからゴウヒンの元へ修行に。


ジャックに別れを告げて行ったため学校へは戻らないと思っていた…が、ゴウヒンの修行を受ける条件として、

・散髪
・昼は学校、夜は修行


このように言われ、レゴシは誰か分からないほど毛をカットし(ゴウヒンに無理やりカットされ)学校へ行った。散髪をしたのは、シシ組ともめたレゴシが裏市に出入りすると危ないためだ。


レゴシの最初の修行は「肉欲を克服する」こと。レゴシの目の前に新鮮な肉を吊るし、その前で座禅を組む。4時間程度。この修業の意味についてゴウヒンはこう解説している。

ゴウヒンの解説:

本来 肉食獣が強くなるためには肉を食べることが必須。軍もアスリートも秘密裏に肉を食べている。しかし、レゴシが強くなりたい理由は、テムを食べた犯人を捕まえる力をつけること。つまり、草食動物を守るために修行にきたのだ。レゴシは草食動物を守る力をつけるために草食動物を食べることに反対している。


これがどれだけ難しいことか体現させるため、そして肉を食べずに強くなる体にするため肉を目の前に座禅を組む修行をさせている。


一週間後、レゴシは肉への欲求を完全に断つことに成功。修行は次のステップへ進む。次は実践訓練だ。レゴシは肉の欲を経ったことで、牙の力がおそろしく落ちていることに気づく。これまでのように牙で戦うことは難しい。


新たな戦い方、牙に頼らない戦い方を模索するために実践訓練が始まる。実践訓練といってもゴウヒンの手伝いだ。ゴウヒンは裏市で患者を見つけ(主に肉欲の精神的な病?)治療し更生させることを生業にしている。もちろん患者はすんなり治療を受けることはない。


普段ゴウヒンはこういった、ちょっとヤバイ患者を腕力で黙らせ病院に連れていき治療をする。この”連行”の部分をレゴシに任せたのだ。牙の力を失ったレゴシ大丈夫化…と思ったが、すぐに答えを見つけた。レゴシの牙のちからは四肢に分散されていた。ゴウヒンのような戦い方、レゴシは今後この戦い方を極めていく。


<スポンサーリンク>



『BEASTARS』9巻の内容を予想


王道展開の「修行編」に入りましたね!修行で見つけたレゴシの戦い方は、なんというか…『肉食の強さを草食の戦い方で』といった感じですし、肉も克服しています。これらを裏市だけではなく、一般にも知れ渡ればビースター候補にもなりそうです。


ルイも裏で頑張ってはいるようですが…なんというか、彼の進撃はもうすぐ終わるのでは?と感じました。レゴシは伸びしろたっぷりですが、ここらがルイの限界。ルイとレゴシは「うさぎとかめ」のような関係性ではないでしょうか。


9巻では・・・

  • レゴシの修行がさらに激化
  • テムを食べた犯人が新たな動きを見せる

  • ここあたりが描かれそうです。


    テムを食べた犯人もそろそろしびれを切らし、次の標的を狙う頃合いではないでしょうか。


    予想ではピーチちゃん辺りになるのでは?と思っています…。









    <スポンサーリンク>

    コメント

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。