『働きマン』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『働きマン』のレビュー記事となります。


他の漫画にもたびたび登場する働きマン。とにかく臨場感がハンパない。さらにヒロインがエロ可愛いからいうことナシっす!


『働きマン』はこんな漫画


大手出版社勤務の29歳独身の美女で巨乳の松方は、仕事ができる女。周りの男をけちらし仕事に励む様は、ウルトラマンならぬ、働きマン。


男たちが昭和とともに失ったモーレツさをもって激しく生きていく仕事ぶりを、リアルな描写と計算しつくされたプロットで、一話ずつ完成品に仕上げた作品。


『働きマン』の主要登場人物


松方弘子(まつかた ひろこ)


主人公。独身、巨乳。29歳。恋人はあったりなかったり。プライベートを一切犠牲にして仕事に励む、昭和のお父さんのような仕事っぷりをする。


成田君男(なりた きみお)


主人公の上司。デスク。のち松方が出世してデスクとなると同ランクになる。一見やさしいが、松方が窮地に陥ったときも手を貸さないように、実は冷たい男。


梅宮龍彦(うめみや たつひこ)


編集長。昭和の男。頑固で行動的でよく怒鳴る。たまに殴ることもある。仕事に熱中するあまり家族には見放される、一昔前には良くいたモーレツサラリーマン。


渚マユ(なぎさ マユ)


新人編集者。23歳。丸顔の可愛い後輩キャラ。恋愛小説が大好き。天職ともいえる。やや抜けている所もあり、しっかりものの松方と相反しながら、女性後輩キャラとして生きている。


『働きマン』はこんな人におすすめ!


☑ キャリア美人になりたい人

☑ キャリア美人をオトしたい人

☑ 出版社の裏事情を知りたい人


映像化情報


実写ドラマ


・2007年10月~12月まで、日本テレビ系列で全11話を放送。


主演は菅野美穂。


テレビアニメ


2006年10月から12月まで、全11話を放送。


作者情報


作者名


安野モヨコ 先生


作者の主な作品


○連載終了

・さくらん

・シュガシュガルーン


○連載中

・オチビサン

・鼻下長紳士回顧録


見どころ


ぼくの小規模な生活、というマンガで「働きマンを読んだから、出版社のことなんか丸わかりだぞ」というセリフがある。それに象徴されるように、本作品を読むと、出版社のことが裏表を含めて、非常にわかってしまう。なぜだろうか。


世間に疎いマンガ家の先生が、唯一接点を持つ企業が、出版社だ。そのため、出版社というのは、多くのマンガ作品の中で登場する人気舞台である。


編集王や重版出来のように、出版社の人物を主人公にしたマンガも少なくない。だがなぜか、出版社をわかった気持ちにさせてくれるのは、この働きマンというマンガなのだ。


理由はストーリーのリアルさだろう。作者は徹底的に出版社を取材、もしくは長年にわたって観察してきたのであろう。


マンガのネタにできるという出来事を、着々とストックしていったと推測される。一話ごとに山があってオチのある各ストーリーは、実際に起こってもなんらおかしくない出来事であり、それでいてマンガにしても遜色ない完成品となっている。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。