『小林さんちのメイドラゴン』の最新刊7巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『小林さんちのメイドラゴン』の最新巻である7巻の発売日と、6巻のネタバレから見える7巻の予想を書いていきます。


小林さんちのメイドラゴンを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

4巻:2016年5月12日
5巻:2016年12月12日
6巻:2017年7月12日


このようになっています。


7巻の発売日(予想)は、


7巻:2018年2月12日発売予想

小林さんちのメイドラゴンを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

小林さんちのメイドラゴンの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って小林さんちのメイドラゴンの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して小林さんちのメイドラゴンを無料で読むことをおすすめします!



『小林さんちのメイドラゴン』6巻のネタバレ


6巻で今後も影響しそうな要素は、


・イルルが職を見つけた

・トールの過去


この2つです。他にも小林さんがメイド服 傍観勢をやめようとする回などなどありますが、大きい部分だとこの2つかなと。


イルルが職を見つけた


イルルは今後のためにも(居候で気まずいので)仕事をトールと一緒に探し始め、トールの知り合いの金田さんが経営する駄菓子屋で働くことになりました。


イルルは子どもが喜ぶ顔が好きで、子どもと触れ合うことも好きなので、言ってしまえば天職のようなもの。また、新キャラとして登場した金田孫(会田タケト)も良キャラっぽいですし頑張れイルル!


トール


トールの過去がトール父視点とトール視点で語られました。


◎父視点

元は神vsドラゴンで戦っていた



神に寝返る者が現れたり、傍観する者が出てきた



そんな時にトールが産まれ、父はトールを自分と同じ枠組み(ドラゴンや神を滅ぼす勢力、またはその娘)にはまる必要はないと考え、偏見を持たず世界を見させるようにしていた。


まあ…言ってしまえば自由にさせていた。



しかしトールは暴走し一人で神の陣営に突っ込んだ



◎トール視点

世界を旅して、人間に化ける方法やいろいろな考えを取り入れた



トールは選択の不自由さを感じていた。


調和勢に与するのか、調和勢に入るのかなんて選択も、終焉帝の娘だからこうあるべき!といった選択できの余地がない感じも…



一人になりたかった。ドラゴンらしく戦って自由を勝ち取るため神の陣営に単身突っ込み返り討ち



結果として一人になれたが、トールが求めていた自由=一人になることは決して楽しいものではなく、むしろ怖かった



そんな時に小林さんと出会った



自分がメイドになりたかったのだと気づいた(?)


<スポンサーリンク>



『小林さんちのメイドラゴン』7巻の内容を予想


6巻でトールの過去がようやく出てきましたね!なぜ小林さんと出会った時に剣が刺さっていたのかも納得です。


トールが最終的に「メイドになりたかった」と言ったのは、なんだかんだ廃村で出会った少女との会話がきっかけですよね。ということで、トールはやはり人間に憧れを…心の底で抱いていたのか。それとも選択の自由がある人間…でなくてもそういった存在を羨ましく思っていたのか。


意外と深い作品ですよね。笑


7巻では、トールとの過去を知った小林さんとの絆は深まるはず!そしてこのまま日常が続いていくのか、それとも帰還の流れになるかの分け目の巻だと思います。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。