『双星の陰陽師』の最新刊13巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『双星の陰陽師』の最新巻である13巻の発売日と、12巻のネタバレから見える13巻の予想を書いていきます。


双星の陰陽師を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

10巻:2016年12月7日
11巻:2017年3月3日
12巻:2017年7月4日


このようになっています。


13巻の発売日(予想)は、


13巻:2017年11月5日発売予想

双星の陰陽師を無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

双星の陰陽師の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って双星の陰陽師の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して双星の陰陽師を無料で読むことをおすすめします!



『双星の陰陽師』12巻のネタバレ


いよいよ開幕した「第一六七回 波達羅盈城御前試合」。午前に女子の部があり、午後は男子の部だ。もちろん十二天将も参加している。が、十二天将は纒神呪を使用してはいけない。

※纒神呪=全身に呪装を展開する


午前の部は女子。女子(?)の部にも十二天将が参加していて、やはり圧倒的。十二天将にキズ一つ付けることのできない参加者ばかりだった。女子の部で注目すべき一戦はマユラ戦。


繭良も十二天将の一人だが、繭良の対戦相手も十二天将の一人である御幣島すばる。御幣島すばるは紅緒の師匠であり、女性の十二天将の中で間違いなく最強と言われる存在。繭良も士門と特訓をしていたが、結果は惨敗。


しかも御幣島すばるは全然本気を出していない状況だった・・・。決着がついたあと、御幣島すばるは繭良を弟子に取ることを決め、前代未聞の当主が別の家の当主を弟子に取ることが決まった。・・・認められていないが恐らく強引に押し切られるだろう…。


男子の部も同じように十二天将の圧勝続き。そしてろくろの戦い。ろくろの相手は十二天将の水度坂勘久郎。ろくろは水度坂戦前に十二天将の雲林院から「水度坂勘久郎の本気を出させてほしい」と頼まれ、代わりに水度坂の能力を弱点を聞いた。(弱点を聞いたか定かではないが、おそらく能力だけは確実に聞いている)


戦いは一方的かと思われたが、ろくろの新技が炸裂する。ろくろは式神召喚で焼きおはぎマンを召喚→焼きおはぎマンを装備した。これは十二天将が行う呪装と同じ原理。召喚する式神が強ければ強いほど扱いは難しく、強い式神を制御できればケガレの腕で戦っていた時よりも強くなれる。どうやら焼きおはぎマンは見た目に反して超強力な式神のようだ。


そこからは、ろくろが一方的に水度坂を圧倒した。が、ろくろは水度坂がまだ本気でないことを知っている。


ろくろ「そのマスクの下に隠したあんたの力を出してくれないか?------なあ?勘ちゃん先生!」


<スポンサーリンク>



『双星の陰陽師』13巻の内容を予想


繭良戦以外は十二天将つええええええって再確認させるものが多く、ろくろ戦までが長く感じました…。


今のところ不明ですが、雲林院は水度坂の元教え子?見た目的にどっちが上か分かりませんが、二人の過去に何かあったのは間違いなさそうです。


13巻で少し過去編に入りつつも、ろくろvs水度坂が決着。どちらが勝つか分かりませんが、ろくろが勝てば水度坂を焔魔堂家に迎えられるので戦力アップしすぎです。笑


なので、おそらくろくろは負ける→水度坂「いやお前はうちに入らなくていいよ(いらない…の意味ではなく、焔魔堂家で頑張れ!の意味で)」といった流れになりそうです。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。