『キングダム』の最新刊48巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『キングダム』の最新巻である48巻の発売日と、47巻のネタバレから見える48巻の予想を書いていきます。


キングダムを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

45巻:2017年1月19日
46巻:2017年4月19日
47巻:2017年7月19日


このようになっています。


48巻の発売日(予想)は、


48巻:2017年10月17日発売予想

キングダムを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

キングダムの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってキングダムの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してキングダムを無料で読むことをおすすめします!



『キングダム』47巻のネタバレ


鄴(ぎょう)へ向け進軍する、王翦軍、桓騎軍、陽端和軍から成る連合軍。彼らは鄴攻めを成功させるために、李牧よりも早く鄴に着き落城させる必要があった。もちろん相手(趙)にとってそんなことはさせたくない。


ということで鄴までの道を進む連合軍に少数の部隊を当てて時間を稼ごうとした。が、連合軍はお構いなしに少数部隊が現れればその都度、どこかの部隊を当てて対処、王翦軍は常に鄴へ向けて進みを止めなかった。


そして鄴攻めの要である列尾に到着した。列尾を落城させ、列尾を拠点として鄴攻めを行うのが今回、事前に昌平君が描いたシナリオだ。列尾は陽端和の山の民軍と飛信隊で難なく落城。わずか半日ほどで落としてしまった。


しかし…これは罠だった。李牧は列尾をあえて弱い城(守りが弱い)として建造していたのだ。そのため列尾を拠点として鄴を攻めてしまうと、背後の列尾をすぐに奪われ、補給ができなくなる。そればかりか退路まで絶たれてしまい秦軍にとって絶望的な状況が待っている。


そのことに気づいたのは王翦将軍、桓騎将軍、次いで蒙恬、河了貂、王賁たち。蒙恬はこの列尾がこんな状況であることから考えられる今後の展開”3つ”を説明した。


1.列尾に当初予定以上の兵力を残して王都圏に突入

→これでは鄴が落とせるか分からない…


2.列尾の城の弱点を克服する(工事)

→時間がかかりすぎる…


3.撤退


現実的なのは3つめの選択肢である「撤退」。だが、桓騎将軍と王翦将軍は4つめの選択肢を考えているようだ。それは…


4.列尾を捨て全軍で王都圏に雪崩込み、兵糧が尽きる前に鄴を取る


無謀な賭けのように見えるが、少しの衛兵を連れて王翦将軍は鄴の城を下見に行き、この4つめの選択肢を実行することにした。


そして鄴へ向けて動き始める連合軍。鄴へ向かう途中、陽端和軍を北東へ進軍するように命令した。北東には9万もの兵がいるため、これらを抑えておくことが鄴攻略に重要なのだ。陽端和軍(5万)は北東へ。


残り15万の兵で鄴を目指す……と思いきや、突然王翦将軍は進路を変更。そして鄴の途中にある小城「伍多」を攻撃、落城させた。その後、伍多の民間人に一切手を出さず、王翦将軍は民間人に隣の城へ逃げるように扇動した。


<スポンサーリンク>



『キングダム』47巻の内容を予想


王翦将軍が考えていることは、


1.伍多のような小城を次々に襲う



2.難民を作りまくる



3.難民は居住地を求めてさまよい、鄴へ向かう



4.難民を受け入れるため長く開場しているところに秦軍が突っ込む



といった流れなのでしょうか?であれば完全な賭けですよね(´・ω・`;)


黒羊戦の時に桓騎将軍が紀彗(きすい)に対して行った2択。


離眼城の人が殺されるor黒羊を取られる?


これは完全な、これほどない2択で、賭けとしての勝率も非常に高いものでした。


が、今回の2択は、


難民を鄴に入れるor入れない?


だと弱いですよね…。ということでもし王翦将軍が上の作戦を考えているのなら失敗しそうです。


上の作戦のままで成功させようと思うのなら、


・紀彗は昔一度離眼城の住民を死なせている

・紀彗が離眼城を大切に思いすぎている


といったような、選択肢を自分の望む方向へ傾ける大きな要素が必要かなと思います。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。