『東京グール:re』の最新刊13巻の発売日と内容を予想!12巻が意味不明な方へ

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『東京グール:re』の最新巻である13巻の発売日と、12巻のネタバレから見える13巻の予想を書いていきます。


東京グール:reを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

10巻:2017年3月17日
11巻:2017年6月19日
12巻:2017年7月19日


このようになっています。


13巻の発売日(予想)は、


13巻:2017年10月19日発売予想

東京グール:reを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

東京グール:reの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って東京グール:reの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して東京グール:reを無料で読むことをおすすめします!



『東京グール:re』12巻のネタバレ


いつもなら当サイトではここで12巻のネタバレを書くのですが、東京喰種:reに関しては内容が複雑化&キャラ多数で読むのが辛くなっている方もいるのではないでしょうか?


私もこの作品がとても好きなのですが、ところどころで「あれ?これどういう意味だっけ?…てか誰だ…!?」ということが多々あります。そこでこの場を借りて他の記事と違った感じで書いていこうかなと思います。


それが………


「大筋を把握するコーナー」


物語の大筋(今どんな流れで物語が進行しているのか)、または今後の展開の”KEY”となる部分を抜粋し出来るだけ分かりやすく書いていきます。


『東京グール:re』12巻の大筋把握


現状起こっていることとして、大きなものは2つ。


1.CCGの局長が吉福(旧多)に変わり、吉福はグールの完全殲滅に向け徹底的にグールを殺している

2.グール側は地下を拠点として食糧不足に陥っている…が反撃のためにあることを実行している


この2つの流れを装飾する要素が多数描かれているのが12巻と思ってください。


1.CCG側


CCG側ではいくらグールを殲滅したところで、最終的に金木を潰さないことには完全勝利ではないと考えています。そのために一つの作戦に打って出ました。


それが、「グールを匿っていた者にこれまでより重い処分を下す」という法律(分かりやすく言うと法律)を作ること。実際に反対も起きていて承認されていないのですが、彼らはこの法律を使って依子を処刑しようと考えています。


依子とは、トーカの同級生でいつもトーカに弁当を作っていた子。そして黒岩息子の嫁。「依子はトーカを匿っていた」という容疑で処刑されることが決定した。これを餌に、


①トーカをおびき出し殺害→金木ボロボロ→グール滅亡

②トーカの代わりに金木が来る→金木殺害→グール滅亡



こんな計画を立てているんです。


2.グール側


グール側は食糧不足に陥っています。地上に出ればCCGに徹底的にグールが殺されますし、これまで自殺の名所だった場所も開発が行われ食糧がない状態。


そこで金木を筆頭に地下の全グールが半年生き残れるほどの食糧調達部隊を編成し、遠征に出るようです。



また、CCGの戦力は強すぎる状態。これまでの均衡が嘘のように。元々のCCG戦力+V+オッガイと強力すぎるんです。そこで金木たちは助っ人を呼ぶことを考えています。


その助っ人とは、かつてグールを率いて地上の捜査官を殺しまくった隻眼のグール。…と、隻眼のグールと一緒に戦い、その後CCGの凄腕部隊に一掃され地下へ潜ったグールたち。隻眼のグールは地下に24区という国を作っているようです。


アヤトは24区を探し地下を探索中。そして24区に行き着きました。


<スポンサーリンク>



『東京グール:re』12巻での”KEY”


1.竜


吉福がグールと捜査官(人間)との戦いに終止符を打つために必要な存在「最終敵」として用意するもの、それが”竜”です。


竜の存在は不明ですが、


・吉福の味方であること

・芳村エト、有馬貴将をワンパンで倒すほどの強さを持っている



といった存在のようです。


金木に子ども


金木とトーカの間に子どもができ、二人は結婚しました。


トーカは自分の子どもか、それとも依子の命(救出に向かうか)を自分の中で天秤にかけ子どもを選んだ(と金木は思っている)ようです。


まあ…実際にトーカがどう考えているのかは分かりませんが12月に産まれるようです。おめでとう。


テロメア


人の細胞には細胞分裂の回数が決まっていて、分裂を繰り返す度に「テロメア」が少しずつ短くなるそうです。RC細胞はテロメアを長くする効果があるようですが、金木は元は人間。


そのためRC細胞を純粋なグールのように作り出すことはできない?回数が決まっている?ため、テロメアがどんどん消費されているようです。しかもグールと同じように大きなキズを癒したり、赫子を使ったりしているので普通の人より多く消費している。


金木はすでに老化症状が起きている。これを回避するためには、


1.赫子を使わない

2.大きなキズを負わない

3.RC細胞を注入する(共食い)



ナァガラジ


24区はナァガラジが「ぜんぶわした」つまり『全部壊した』ということでしょうか?24区のグールたちは自分たちを人間だと思っていますし、地上のグールや人間にとって不可解な言動が多く見られます。


そんな24区は壊滅的な状況なのですが、その原因がナァガラジらしいです。ナァガラジ、別名が”ナァガ”。


Definite


食料調達に向かった金木たちのシーンのあとに、画面に登場した文字。その後に葉月ハジメが言ったセリフ。


「…連れけって言ったのに」


んー。「Definite」に意味は、[明確に限定された][一定の][明確な][確定的な][限定的な][限定する]といった意味合いがありますが、現時点でこれが何を意味するのかは完全な憶測になってしまうので控えます。


<スポンサーリンク>



『東京グール:re』13巻の内容を予想


次の巻では食料調達に赴いたところで何か事件が起きる~、そしてトーカちゃんは依子救出に~、といった展開になりそうです。


また物語の流れやわかりにくい部分がありましたら、今回のように変則的な記事を作ろうかなと思います。


最後まで読んでいただきありがとうございました!









<スポンサーリンク>

1 個のコメント

  • コメント

    内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。