『賭ケグルイ』の最新刊8巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『賭ケグルイ』の最新巻である8巻の発売日と、7巻のネタバレから見える8巻の予想を書いていきます。


賭ケグルイを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

5巻:2016年5月21日
6巻:2017年2月22日
7巻:2017年6月22日


このようになっています。


8巻の発売日は、


8巻:2017年8月22日発売予定

賭ケグルイを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

賭ケグルイの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って賭ケグルイの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して賭ケグルイを無料で読むことをおすすめします!



『賭ケグルイ』7巻のネタバレ


現生徒会役員三人を一日にして倒した夢子は、30億円と家畜の返上、豆生田の人生を得た。豆生田に関して夢子は興味がない。夢子はギャンブルさえできればいい、とのことで豆生田の人生をどうするか?という権利を皇に譲渡した。


―そして新章。


生徒会が夢子によって崩壊寸前。そんな状況を見て会長の(桃喰)綺羅莉は桃喰家の分家を百花王学園に集めた。その人数10人。この10人を交えて綺羅莉は生徒会選挙をやろうと考えているのだ。


しかも分家から来た人間に関しては、生徒会選挙で勝った者(生徒会長になった者)が桃(百)喰家の当主になる、という条件も付け加えた。これは分家の人間を呼び集め選挙戦を面白くするためなのだが…考え方がすごい。


役者が揃ったところで選挙戦が始まる。選挙戦のルールはシンプル。

<ルール>

・生徒一人に一枚”票”が配られる


・”票”は譲渡・売買・奪取・詐欺で移動させることは禁止


・”票”を獲得するには選挙管理委員のメンバー立会いのギャンブルで勝利すること


・30日後に最も多く”票”を持っていた者が生徒会長となる


夢子も「蛇喰」という姓を持ち、実は百喰の分家らしいのだが詳細は未だ不明。そんな夢子を分家の全員は放っておく方針のようだ。夢子が邪魔にならなければ、の話だが…


そんな分家の中で蟲喰家の恵利美は夢子にちょっかいを出そうと考えているようだ。すぐに夢子と接触を果たし、ギャンブルを持ちかける。もちろん”票”を賭けてのギャンブル。


早速選挙管理委員のメンバーを呼び立会人を確保、次にギャンブルを行う場所として図書室を選択した。図書室には生志摩がいた。生志摩は前回のギャンブルから夢子が大好きのようで、また夢子とギャンブルがしたい様子。


恵利美はそんな生志摩を見て、これから夢子と行うギャンブルを一緒にしようと持ちかけた。生志摩、即参加表明。そして始まるギャンブル。


今回のギャンブルは恵利美が用意したもので、恵利美が持ってきた箱を使う。この箱にはギロチンと糸、そして指を入れる穴があるシンプルなもの。3人で穴に指を入れ、糸を1本ずつ切っていく。糸のどれかはギロチンとつながっていて、ギロチンの糸を切れば指は切断。


そういった状況で最後まで指を抜かなかった者の勝利となる。が、ここには仕掛けがあった。恵利美はたとえギロチンが落ちてきても、真ん中にストッパーをはめている。そのため『絶対に指がなくなることはない』ことを知っている。


だから絶対に、何が起きても、たとえ糸が最後の1本になっても指を抜くことはない。だって切断はありえないのだから。


余裕の恵利美に対して、夢子と生志摩も楽しそうだ。恵利美は二人の様子を見て、強がりや虚勢の類だと思ったらしいが、ギャンブルが進むに連れて二人の異常さに気づいてきた…。そしてギャンブルの途中で夢子が選挙管理委員のメンバー(ディーラー)に一言。


「ちゃんと取り外していただけましたよね?」


ここから恵利美は恐怖で泣きながらギャンブルを続けた。もはや最初の余裕はなく、プライドだけでギャンブルに参戦している感じ。夢子と生志摩は相変わらず楽しそうだ。温度差が激しい…。そして最後の2本になり、糸を切るのは生志摩。生志摩は興奮しすぎて糸を2本ともまとめて切ってしまった。その瞬間、恵利美は指を抜いた。


勝者-夢子


敗者-生志摩(一度に糸を2本切ったため)

-恵利美(指を抜いたため)


もちろん夢子と生志摩の指が切れることはなかった。夢子が途中でディーラーに取り外したか確認したものは、机の滑り止めだ。一つの滑り止めが破損していて机のバランスが悪かったため、残りの滑り止めもきちんと”取り外したか”夢子は確認したのだ。なので、ギロチンは途中のストッパーで止まり夢子と生志摩の指は無事。


夢子は生志摩を軽蔑した。残り2本で究極の選択の場面。生志摩が切った糸がギロチンにつながっていたら…!つながっていなかったら…!


こんなハラハラ感を味わいたかったのに生志摩は2本とも切ってしまった。そんな生志摩に対して夢子は、


「二度と私の前に姿を現さないで下さいませ」


と、告げた。


今回のギャンブルで夢子は2票獲得。計:3票となった。


<スポンサーリンク>



『賭ケグルイ』8巻の内容を予想


新章面白いですね!この生徒会長選挙のルールであれば、物語の展開もいろいろと作れそうです。ただ一点気になったこと。


思い過ごしの可能性が高いのですが、生徒会長選挙で使われる票。夢子のものしか確認できていませんが、夢子の票には”1″と記されていますよね?でも、一人の票=1票であれば、わざわざ1って書く必要はないと思うんです。


もしかすると、票が増えすぎて重たくなった時ように”10の票”があったりするためなのかもしれませんが…もし、最初から5の票が配られている人がいたら不平等ですよね。綺羅莉は生徒会長選挙を始まる前に、


「すべての者に平等なギャンブルのみによって決まる選挙なのだから」


と言っています。これっていくつか意味が取れるんですよね。


1.ギャンブルはみんな出来るのでそれで決めるのは平等

2.全員が平等になるギャンブルで決める


2であれば、票の配布で1以外が配られる者がいるのは不平等となりますね。ここもこれから話されるのかもしれないです。



8巻は、夢子と陰喰家の三欲がギャンブルで戦う可能性が高いです。7巻の終盤で三欲を登場させたところを見ると、次に戦う相手は強いぜ!ってことですよね。


生徒会選挙がもっともっと熱い展開になるのを期待します。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。