『妖怪アパートの幽雅な日常』の最新刊15巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『妖怪アパートの幽雅な日常』の最新巻である15巻の発売日と、14巻のネタバレから見える15巻の予想を書いていきます。


妖怪アパートの幽雅な日常を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

12巻:2016年11月9日
13巻:2017年4月7日
14巻:2017年7月7日


このようになっています。


15巻の発売日(予想)は、


15巻:2017年10月7日発売予想

妖怪アパートの幽雅な日常を無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

妖怪アパートの幽雅な日常の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って妖怪アパートの幽雅な日常の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して妖怪アパートの幽雅な日常を無料で読むことをおすすめします!



『妖怪アパートの幽雅な日常』14巻のネタバレ


14巻では、妖怪アパートの幽雅な日常のセクシー担当?まり子の過去が明らかになる。まり子が預かってきた謎の卵から孵化した「タマ」(13巻参照)が夕士を親と刷り込みしてしまったあたりから、少し様子が変だったまり子。


夕士の部屋に訪れ、タマの本当の親が迎えに来ると伝えたまり子は突然「やっぱり…あたしじゃ…ダメなのかな…」と泣き出してしまった。


ひとしきり泣いて少し落ち着いたまり子は、生前の人生について語り始める。


「あたし…昔ムチャクチャ遊んでて 人を好きになるってことが まるでわかってなかった…」


金持ちの家に生まれたまり子は、欲しいものは何でも与えられ、勉強もしなくて良いと親に甘やかされて育つ。高校の補修は受けなくても良いとまり子の教育に不熱心な父親と毎日のようにパーティに行く母親…残されたのは高校生には多すぎる額の小遣い。


そんな環境の中、夜に派手な格好をして酒にタバコに遊び回るまり子。物事を深く考えず、自分が楽しいと思うことばかりをする毎日を送っていたまり子は「遊べなくなる」という理由で人工妊娠中絶手術を3度も繰り返してしまった。


しかし20歳になった頃、ダンススクールをきっかけに知り合った一人の男性と出会う。イケメンでもないし、センスもなんてことない、会話も下手な男性だったが、今までまり子が付き合ってきた男性からは聞くことができなかった家族のこと、職場のこと、人間関係の悩みなどを話してくれた。


他愛ない普通の話だったが、ちゃんと自分の頭で考えて行動する 血の通った生きた言葉が、空っぽだったまり子の心に強く響いた。


「この人のように行きてみたい」と思ったまり子は、この男性と正式に付き合うことにした。男性から少しずつ勉強を教えてもらうことで物事をいろんな方向から見られるようになり、生きていることを実感するようになった。


そして初めて好きな人と結ばれて大切にされることを覚え、考えるたまり子だったが、同時に過去に行った行動がどれほど重いものだったのかを実感することになる。


心から愛する男性との間に授かった子どもの命を今度こそは大事にすると思っていたが、気づいたときには遅かった。


病院で4人目の子どもと共に、まり子は命を落とした。


まり子の生前の話を聞いた夕士は、押さえ込んでいた気持ちが一気に溢れて泣くまり子を胸に抱きながら、「本当の豊かさ」とは何か自分に問う。


その夜、まり子が勤める妖怪託児所の園長がトランクを持って妖怪アパートの幽雅な日常へ訪れる。園長がトランクを開けると、空間が広がるトランクからとても大きな体をもつというタマの母親の一部、タコのような触手が現れる。触手は夕士の腹にくっついていたタマを抱き上げ、再びトランクの向こう側へ姿を消した。


トランクを持って園長が去ると、妖怪アパートの幽雅な日常ではタマの母親の正体は上半身が女で下半身は触手が何百本も生え、とてつもなく巨大で嵐の中に棲んでおり雷を操ると言われる「雷馬」ではないかと憶測が飛ぶ。


一騒動あった後日、夕士は長谷と山登りに行く。眺めの良い場所でるり子特製弁当を広げて食事を楽しんだ二人は、先日のまり子の話を語り合う。


親がきちんと関わってくれたおかげで今の自分があることを実感した二人。同時に、事故で早くに親を亡くした夕士は、両親がいない空白を埋めてくれた長谷の存在に感謝する。


そして今、自分は身も心も豊かだと実感した夕士は、これからもいろんな幸せを感じていきたいと考え、大学へ行く決意をする。


大学へ行く決意をしたことを、両親の死後保護者となってくれた叔父、妖怪アパートの幽雅な日常に住む人々、バイト先の人々、そして長谷に伝えると、誰もが温かく応援してくれた。


長谷にいたっては、受験レースに少し出遅れている夕士に大学受験のための勉強を見てやると申し出てくれた。ただ、長谷家直伝の教育方針でスパルタ指導することに嬉々とする長谷の姿に不安を感じる夕士だった。


<スポンサーリンク>



『妖怪アパートの幽雅な日常』15巻の内容を予想


夕士が大学進学を決意したのが高校3年の春休み、そして14巻の最後にはすでに夏休みに入っているため、大学受験を控える高校生は猛勉強している時期。


15巻では、「長谷家式スパルタ塾」で鍛えられる夕士の姿が描かれているのではないでしょうか。


予告では受験勉強の息抜きで街中に遊びに出た際に強盗事件に巻き込まれるとあり、久しぶりに魔道士の力を使うことになりそうだ。14巻では修行する姿が見られなかったが、恐らく秋音さんの後任で来た桔梗さんの下、毎日修行は欠かさなかったに違いなさそうですよね。


日々の修行で少しずつ力や魔導書の扱いは慣れてきている夕士だったが、久々の実践にどのように対応するのかが期待されます!


14巻ではタマの母親の正体が「雷馬」という大物妖怪のようだということが分かり、その雷馬の子であるタマがいつか何かのタイミングで大きな力を夕士に貸してくれるのではないかと予想します。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。