『この音とまれ!』の最新刊16巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『この音とまれ!』の最新巻である16巻の発売日と、15巻のネタバレから見える16巻の予想を書いていきます。


この音とまれ!を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

13巻:2016年11月4日
14巻:2017年3月3日
15巻:2017年7月4日


このようになっています。


16巻の発売日(予想)は、


16巻:2017年11月3日発売予想

この音とまれ!を無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

この音とまれ!の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってこの音とまれ!の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してこの音とまれ!を無料で読むことをおすすめします!



『この音とまれ!』15巻のネタバレ


全国行きを決めた演奏会のあと、さとわは鳳月会(実家)に帰ることを許された…というよりも母と和解して、家でしていた娘が帰ってきた感じ。


そして時瀬の箏曲部は新春コンサートに向けて練習を開始する。新春コンサートの練習で滝浪先生は「色気」を加えると演奏がもっとよくなるとアドバイスをした…が、誰も色気に関して分かっていない。


あげくに「色気」を音楽に取り入れるというのは、滝浪の姉(ピアニスト)曰く、


「100年早い」


とのこと。色気のある音を今後どのように手にしていくか楽しみだ。そして新春コンサートが始まった。


会場に着くと「新春Live!」と書かれた立派なステージが用意されていた!テンションの上がる愛たち。だが…愛たちが演奏するのは通路に畳が敷かれただけの場所。


・聴いてもらう環境がない(周囲の雑音や時瀬箏曲部のための空間ではない)


・客に聴く気や関心がない(目的はショッピングで箏曲部の演奏目当ての客は0)



こういった状態での新春コンサートが始まった。と同時にタイミング悪く周りの店で呼び込みが始まる。愛たちはなんとか自分たちに振り向かせようと、いつもより音量を上げたりスピードを早めて演奏したりした。


だが逆効果。周りから「うっせぇな」という声が漏れ出す…。しかし、さとわはいつも通り演奏を続ける。それに続いてみんなも練習した通り、普段通りに、周りを気にせず演奏を始めた。


すると愛たちの演奏を聴くために足を止めてくれるお客さんがたくさん。新春コンサートは、最終的にはとても上手くいった。次は全国大会。滝浪作の完全オリジナルの楽譜を渡した。


<スポンサーリンク>



『この音とまれ!』16巻の内容を予想


今回は恋愛の話が多かったですね!倉田くんと来栖さんの恋愛模様が多かったのですが、なんだかんだ両想いでしたね。いや…もう誰でも知ってましたよね…。


とはいえ、今回はそれ以外にも気になる要素が2つ登場しました。


1.愛の過去の友人

2.新入生


短いのですが愛の過去が出ました。2年前の大晦日を一緒に過ごした過去の友人。荒れていた時の愛の友人。彼が今の愛を見て何かしてこないか不安です…。この友人が哲生ならいいのですが…。


次に新入生!彼は「中高生に大人気の地元ロックバンド」のメンバーなのでしょうか。正規のメンバーは大学生?で、助っ人として呼ばれた感じでしたが実力はやはり高そうですね。でも琴は経験あるのか…。


「俺どこ行ったって”出来る子”だから」とは言っていますが果たして…。



16巻ではいよいよ全国に向けて練習開始!滝浪先生の渡した新しい楽譜「I」の難しさに困惑しながらもやりがいを感じてどんどん上達していくメンバー。しかしそこへ新入生が…。


という展開になる以外選択肢がなさそうなので、新入生の最初の役割は「場を荒らす=嫌なやつ」っぽいですね。15巻でも性格悪そうでしたしどうなるのか楽しみです!









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。