『約束のネバーランド』の最新刊5巻の発売日と内容を予想!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『約束のネバーランド』の最新巻である5巻の発売日と、4巻、5巻のネタバレを書いていきます。


約束のネバーランドを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

2巻:2017年2月3日
3巻:2017年4月4日
4巻:2017年7月4日


このようになっています。


5巻の発売日は、


5巻:2017年9月4日発売予定

約束のネバーランドを無料で読む方法!


UNEXTというサイトに完全無料で登録することで3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

約束のネバーランドの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って約束のネバーランドの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して約束のネバーランドを無料で読むことをおすすめします!



『約束のネバーランド』4巻のネタバレ


ノーマンの出荷が決まったことをイザベラは伝えた。困惑するエマたち。さらに…


1.イザベラがエマの足を折ったこと
2.ノーマンの出荷が決まったこと



この2つの要因を揃えることで脱出は非常に難しくなった。なぜなら、イザベラはこれまで脱出の日をいつかいつかと見張っている必要があったが、エマたちの性格上、全員での脱出を望むはず。そこにノーマンも含まれている。


ノーマンの出荷が決まったことでその日までを見張ればいいわけだ。さらにエマの足が折れていることで機動力が落ち、脱出しようとしても捉えやすくなった。つまり脱出するのは困難になったのだ。いや、イザベラがそういう状況を作り上げた。


それでもレイは諦めない。


「脱獄はどうにかなるしどうにかする!」


と言っているものの、根拠、具体的な手段は現状で思いついていない。ただ、まずはノーマンの問題を解決したいと考えている。エマも同じ気持ちだ。なんとかしてノーマンを出荷させない手を考える。


当の本人であるノーマンも


「こんなにも生きたいなんて……!!」


と、心の中で生と死の間で揺れている。ノーマンの出荷まであと1日。事態は深刻。そこでレイはノーマンに一人で逃げるように促した。


もちろんノーマンは断…「却下」。レイがノーマンの却下を却下した。レイは実際にノーマンを脱獄させるのではなく、”逃げたフリ”をすればいいと言った。発信機を壊した上で。


それでもノーマンは却下した。自分がいなくなればエマかレイが代わりに出荷されるかもしれない。それなら自分が…と。しかしノーマンは命(出荷)を諦める代わりに、その他は負けないと宣言した。エマたちが確実に脱獄できるように残りの時間を使うようだ。


それでも…それでもエマとレイは引き下がらない。ノーマンもついに折れた。一緒に生きよう、と言うエマに同意したのだ。


そしてノーマンは脱獄に向かう。塀まで行き木に登り塀の上へ到達した。その時イザベラがノーマンがいないことに気づく。が、エマとレイはノーマンが脱獄したことを知っている。


が!ノーマンは戻ってきた…。塀に登って初めて気づいたのだ。


“塀の向こうが崖”だったことに…。しかも小さな崖ではなく、落ちたら即死するであろうレベルの深さ。さらにノーマンは塀の上で見てきた状況から、自分たちがいる農場の形状を導き出した。


農場は六角形になっていて、農場が6つある。それらの中心には鬼のいる場所が。さらに断崖絶壁の地形にあるため脱出は不可能。それを伝えノーマンは出荷された…。


ノーマンが出荷されてからレイは抜け殻のようになった。完全にあきらめムードだ。エマも自分の無力さに空虚になっていた。


2ヶ月後――


レイの出荷(誕生日)が近づいた頃、エマの目つきは明らかに変わっていた。彼女は2ヶ月間ずっと脱出の計画を練り、実行していた。そして明日の昼に逃げることをレイに伝える。


が、レイも諦めていなかった。彼も考えていたのだ。レイの計画はこう。


・本部(農場の中央部)へ脱出の通報が遅れるようにハウスに火をつける

・姿の隠しやすい夜に決行


レイはこのように考えていて、エマの言う明日ではなく今逃げようと話した。そしてレイは自分にオイルをかけ火をつけた…。たとえイザベラが脱出を疑い火事を放置しようとしても、レイを放っておけない=通報が遅れる。という理由でレイは自分を犠牲にした。


イザベラは必死に消化しレイを救おうとする。…が、消化完了と共にイザベラの前に現れたのは耳だけ。レイは無事だ。この騒ぎに乗じてエマは他の子も集め脱獄するために塀へ。


<スポンサーリンク>



『約束のネバーランド』5巻の内容ネタバレ


とうとう脱出編も終盤ですね!ネタバレで紹介しなかったのですが、今回の巻で後につながることがいくつか書かれていました。


1.レイは”幼児期健忘”という特性を持っていて、赤ん坊の頃からの記憶がある(自分が農場へ運ばれてきたことを知っている)


2.ノーマンがシスタークローネの残したペンをエマに渡している


この2つはこれからも重要になってくるので覚えておいたほうがいいです。



5巻では脱出編が終了します。そして外の世界。外の世界はエマたちにとって未知。楽しいこともあれば危険もたくさん。


そんな中、鬼の追手がエマたちに迫ります…。その追ってからエマたちを救おうとする謎の勢力が…!









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。