『アオアシ』の最新刊10巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『アオアシ』の最新巻である10巻の発売日と、9巻のネタバレから見える10巻の内容を予想していきます!

アオアシを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

7巻:2016年10月28日
8巻:2017年1月30日
9巻:2017年4月28日


このようになっています。


10巻の発売日は、


10巻:2017年7月28日発売予定

アオアシを完全無料で読む方法!


「アオアシ 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかくアオアシを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見るとアオアシの1巻~最新刊の9巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけでアオアシの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってアオアシの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


例)600円分のポイントを使ってアオアシ9巻を購入


こんな感じで0円で購入できます!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してアオアシを無料で読むことをおすすめします!



『アオアシ』9巻のネタバレ


葦人たちは次の対戦相手である武蔵野ユースの偵察に行っていた。そこで出迎えた…というか偶然出会ったのが武蔵野ユースの監督「佐竹監督」。彼は橘のジュニアユース時代の監督でもある。佐竹は橘の現状(試合に出たくない、苦しんでいる)に関して評価した。


「いいことだ。苦難を覚悟で行った道。ちゃんと苦しんでいるんなら、それが間違ってなかったってことさ。」


そして始まる武蔵野の試合。ここまで負けなし、というのが納得の試合。完璧に組織化された守備。個の力がない分、チームとして、組織として動いているため守備がとても堅い。攻撃に関しては、佐竹監督の言う「イレギュラー」である金田が担う。金田は一人でボールを運び、一人で得点した。


佐竹監督が金田を評価しているのかは分からないが、現に武蔵野は強固な守備&金田の得点力でここまで負けなし。葦人たちにとって、今回の偵察はよかったのだろうか…。


その頃、富樫と竹島は前回の試合の件で喧嘩していた。富樫の左頬には殴られたような跡が。今回の喧嘩は過去の富樫の境遇が起因しているらしい。


富樫は小6の頃にエスペリオンに練習生として呼ばれたことがあった。そこで富樫は上手くなるために練習を頑張った。周りのレベルは非常に高い。その中でも食らいついていった。


が、試合で事件が起こった。過去編で語られたのは2試合。


1試合目―



富樫はゴール前で黒田に素晴らしいアシストをした。黒田vsキーパーという絶好のチャンス。が、黒田は富樫にバックパス。富樫は戻ってくるなんて想像もしていなかったのでキャッチできなかった。


黒田「あの時 僕が撃たなかったのは、君にパスしたほうが確実に決めれる場面だったからだ。」


富樫「点取りたくねーのか お前!?サッカーは点取った時が一番最高なんじゃねーか!!」


黒田「…総得点数でプロになれるんならそうするけど。今日みたいな練習試合も含めてって…ないでしょ。」


このように言い、黒田は自分がシュートしなかったのは、あくまで合理的な判断だということを富樫に伝えた。


2試合目―



黒田は、1試合目で富樫からパスを受けた時と同じような場面でパスを受けた。しかし、今回 黒田はそのままシュートを撃ち決めた。


富樫「オイ。てめぇ、自分で撃てるじゃねーかよ。」


黒田「もう…何?また絡んでくる気…?」


富樫「てめえらがさっきから、チラチラ見てやがるの…前の試合にゃ来てなかった…ジュニアユースの監督だよなァ。上の人間がいる時はプレーを変えるってのは…どういう理屈なんだよ えェオラ。」


黒田も他の選手も前回の試合で行わなかったことをしたのだ。それが試合に勝つための行為ではなく、監督へのアピールのためだけにプレイしていることに富樫は怒っていた。



それが富樫とエスペリオンの過去。葦人はこの話を聞いた上で富樫のほうが強い(サッカーのプレイヤーとしての考え方)ほうだ、と言った。


そんな状況で武蔵野戦が幕を開ける。試合前に竹島は彼女とどこかへ行き、そのままミーティングルームへ戻ってきた。竹島は…坊主になっていた。


「みんなが、情けないツラしてっからだ。気合を入れたかったのは、俺と、みんなにだよ。」


橘が続いて今回の試合に懸ける想いを話し葦人も話し試合に。


『アオアシ』10巻の内容を予想


9巻の終盤でチームがまとまったのかは分かりませんが、確実に富樫も何か感じていると思います。プロになるため…という動機ではなく、竹島が目の前の試合に勝つため、みんなの気合を入れるために坊主にしたことはやはり何か富樫も思うところがあったのではないでしょうか。


10巻ではいよいよ武蔵野戦 本番。ロングボールを駆使して武蔵野の守備を崩壊させようとするエスペリオン。しかし…葦人の技術は高くありませんし、ロングボールの技術は持っているのでしょうか…?覚醒した時に鋭いロングパスをしていましたが、通常時は怪しいところです。


葦人が穴になってピンチになるか…それとも、橘がミスを恐れて大きなミスをしてしまうのか…。10巻ではまずピンチになり→終盤でエスペリオンの反撃ムードが漂い11巻。となりそうです。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。