『がんばれ元気』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『がんばれ元気』のレビュー記事となります。


元祖ボクシング漫画といえば70~80年代に連載されたこれ!このマンガを読んでプロになった人も少なくありません。


『がんばれ元気』はこんな漫画


堀口元気が5歳の頃から作品は始まる。プロボクサーを父に持つ元気は、父親と2人で日本全国を行脚しながら、ボクシング修行に励む。


しかし父親がボクシングの試合が原因で死んでしまい、親類の家で育てられる。中学卒業後、その家を出て、1人上京し、働きながらジムに通い、ボクシング1本で生きていく。


ひたすらボクシングの階段をのぼりつめていく。


『がんばれ元気』の主要登場人物


堀口元気


主人公。子供の頃からボクシングにのめり込む。


成績優秀だが、すべての退路を断ち、中卒で上京し、ボクシングに励む。


芦川先生


主人公の小学校のときの担任。やがて主人公は彼女に心引かれていく。


関拳児


世界チャンピオン。試合で元気の父親を死に至らしめる。元気の最終目標。


三島栄司


元気の地元トレーナー。元気にボクシングの基礎を教える。


『がんばれ元気』はこんな人におすすめ!


☑ ボクシングジムに通っている人

☑ 学校の先生とつきあった人

☑ パンチで熊をやっつけた人


映像化情報


テレビアニメ


1980年7月から1981年4月までフジテレビ系で放送。全35話。


作者情報


作者名


小山ゆう 先生


作者の主な作品


・あずみ

・お~い!竜馬

・スプリンター


見どころ


主人公・元気を年少時代から描き、世界チャンピオンになって故郷に帰るまで、わき道にそれることなく、ほぼ完璧に彼の14年間を書ききっている。


はじめから終わりまで、息をつかせることがない。4年間連載されたにも関わらず、非常に完成された作品だ。


元気は作品の中で5才から19才に成長し、その間ずっとボクシングの道をひたすら駆け上がって、やがては栄光に近づいていくが、失ったものも限りなく多い。


元気自身も、周りの同年代たちが高校・大学で、青春を謳歌するのを横目に、自身のボクシング漬け人生に、首をかしげたくなることもある。


しかし、才能ある人物が死ぬほどの努力をもって、1つのことにのめり込むことが、これほどまでに美しいものかと、主人公周辺の登場人物だけでなく、読者にも感動をもって教えてくれる。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。