『恋と嘘』の最新刊7巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『恋と嘘』の最新巻である7巻の発売日と、6巻のネタバレから見える7巻の内容を予想していきます!

恋と嘘を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

4巻:2016年5月9日
5巻:2016年11月9日
6巻:2017年6月9日


このようになっています。


7巻の発売日(予想)は、


7巻:2017年12月9日発売予想

恋と嘘を完全無料で読む方法!


「恋と嘘 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく恋と嘘を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると恋と嘘の1巻~最新刊の6巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで恋と嘘の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って恋と嘘の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


例)600円分のポイントを使って恋と嘘6巻を購入


こんな感じで0円で購入できます!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して恋と嘘を無料で読むことをおすすめします!



『恋と嘘』6巻のネタバレ


真田家、根島家で合同温泉旅行に行くことになった由佳吏と莉々奈。最近仁坂と美咲を含めて4人で行動することが多かったからか、どことなく意識し合う2人だった。


そんな由佳吏たちに両親たちが用意した部屋は、なんと相部屋。夜、眠れない由佳吏に莉々奈は少し悲しげな表情で、そして覚悟を決めたように語りかける。


「あのね 由佳吏…私ずっと考えてたの。由佳吏は 美咲を選ぶべきだと思うわ」


戸惑う由佳吏がどういうことか尋ねると、由佳吏と美咲に出会ったことで自分が変われた、この恋は叶うべきだと思うと言う莉々奈。


また 政府通知のことを独自で調べた莉々奈によると、厚労省に政府通知相手とは合わないと半年以上「嘘」をつき通すことで経歴に傷をつけず解除が可能とのこと。


しかし、その方法を聞いた由佳吏の目からは自然と涙がこぼれる。そんな由佳吏を見た莉々奈も涙があふれるが、2人が大好きな美咲のために 美咲を笑顔にするために、莉々奈の提案に合意した。


その後 仁坂兄の結婚式で美咲とキスをしたことを背徳感から莉々奈に伝える由佳吏。そして莉々奈は由佳吏と解除後に恋をする予定があるから、今後のために「練習」がしたいと言い出す。


莉々奈と何度も口づけを交わしながら由佳吏は思う。


「…これが 恋じゃないとしたら、人を好きになるって何なんだろう」


由佳吏たちが合同温泉旅行から戻ったあとの、ある日。由佳吏たち通う高校に訪れた莉々奈は、由佳吏と美咲を屋上に呼び出す。そして美咲に由佳吏を選んでもらうために政府通知を破棄することを伝える。反対した美咲だったが、莉々奈の「私がアナタ達の恋を守るから、自分の気持ちに嘘つかないで」という言葉に、やっぱり由佳吏のことが大好きだと少しだけ素直になる美咲だった。


翌日、莉々奈に押されて「デート」に行くことになった由佳吏と美咲。目的の場所に向かう電車の中、莉々奈と2人で政府通知を破棄すると決めてしまった由佳吏に「私を選んだら不幸になるとしても、それでも根島くんは 私を選んでくれる?」と意味深な問いを投げる美咲。その真意をごまかす美咲だったが、ぽつりと「それでもいい」と答える由佳吏だった。


由佳吏が美咲を連れてきたのは、小学6年生のときに修学旅行で訪れた地。当時クラスが違うことで一緒に回れなかったため、今日は一緒に回ろうという由佳吏。しかし突然、「根島くんにこんなことして貰える資格ない」と言い出す美咲。



美咲「…守りたいものがあるの」

由佳吏「それは…僕や莉々奈より大事なもの…?」

美咲「…同じくらい大事…」

由佳吏「勝ってみせるから、それに。…君が好き。今僕がいるのは 君がいるからだよ」

由佳吏「好きです。付き合ってください」

美咲「私も…好き…根島くんが好き…。それだけは絶対…誰にも負けない」



後日、政府通知関係の書類を書くために厚労省へ向かった由佳吏。そこで出会ったのは、何やら慌てた様子の仁坂だった。


<スポンサーリンク>



『恋と嘘』7巻の内容を予想


無意識に惹かれ合う由佳吏と莉々奈。この2人を見ていると、由佳吏はどこか美咲を「好きだ」と思い込んでいるようにも見えます。


2人が自分の気持ちに「嘘」をついているような言動が見られることから、6巻での由佳吏と莉々奈の結論が良い結末へ向かうということはあまり考えられない。


美咲が由佳吏への想いに嘘をついているようには見えませんが、美咲が何かを守るために由佳吏たちに影響する行動をしていたことが考えられる。それが何にせよ、美咲はまだこの物語の大きな鍵となることを隠していることは確実かなと思います。


それが分かるのはもう少し先かなあと思います。「恋と嘘」。”恋”の部分は全面的に出ていますが、”嘘”の部分が物語の大きな鍵を握っていると思います。


7巻では、厚労省で仁坂と仁坂の父と会うことになった由佳吏。場所が場所なだけに、仁坂の政府通知に関することだと考えられます。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。