『トモダチゲーム』の最新刊10巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『トモダチゲーム』の最新巻である10巻の発売日と、9巻のネタバレから見える10巻の内容を予想していきます!

トモダチゲームを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

7巻:2016年7月8日
8巻:2016年12月9日
9巻:2017年5月9日


このようになっています。


10巻の発売日(予想)は、


10巻:2017年10月9日発売予想

トモダチゲームを完全無料で読む方法!


「トモダチゲーム 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかくトモダチゲームを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見るとトモダチゲームの1巻~最新刊の9巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけでトモダチゲームの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってトモダチゲームの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


例)600円分のポイントを使ってトモダチゲーム9巻を購入


こんな感じで0円で購入できます!


私も実際にUNEXTに登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してトモダチゲームを無料で読むことをおすすめします!



『トモダチゲーム』9巻のネタバレ


やはり田所を追放するための最後のひと押しとなったのは後田の票だった。これで田所は追放され、友一が持つ不動票は5票、紫宮が持つ票は6票。紫宮はいつでも友一チームの人間を追放させられる状況を作り出した。いや…誰もがそう思っていただろう。


そう思い紫宮側にいるクロキは優越感に浸っていた。そして友一に対し土下座をさせたり、低レベルで幼稚な嫌がらせを友一に行ったりもした。3日後 新たな追放者がでた。それは山下ケンジ。彼は紫宮側にいた男。なぜか彼が追放されてしまった…。


これに対し友一は「自分が6票を操っている」的なことを言うが、紫宮にすぐ見破られてしまう。つまり今起きていることを整理すると、


・友一も紫宮も不動票6票を持っていない

・彼ら以外の人物が6票の不動票を持っている


つまり、紫宮も友一もその人物の機嫌を損ねれば”追放対象”となり得る。最悪の事態だ。単に友一と紫宮の知恵比べではなく、他にもジョーカーがいる。そんな最悪の状況の中、最悪の事態は続く。友一たちが作り上げたドミノが何者かによって崩されたのだ。


みんな文句も言わずまたドミノを作る。この時、友一は運営に工具一式を借り、ストッパーを作り要所要所に置いた。しかし翌日にはまたドミノが崩れている。前日と違い、今回はストッパーが置いてあるのに崩れているから、人為的な問題だと認識した。誰かがやった…ということはドミノが倒れても損をしない人間がいるということ。


一般的に考えればこの状況で「ドミノを崩すこと」に意味はないし、むしろ見られたら追放される可能性もある。あきらかにデメリットが多い中、ドミノ崩しをした人物。それは…自分が追放される前に脱獄できるもの。


つまり脱獄のための鍵をすでに手に入れた者がいるということだ。


これに合わせたかのように運営は明後日の夜に見張りを休んで出かけると言った。鍵を持つ者にとって脱獄のチャンス。友一たちにとっては脱獄されたら大きな借金を背負うことになってしまう。なんとしても鍵を持つ者(呼称を”人狼”とする)を見つけ追放する必要がある。


友一は誰が人狼か分からない以上、まずは身体検査を提案した。男性は男性同士、女性は女性同士。みんなで集まり全裸になって鍵の有無を確認する。…鍵は見つからなかったが、水谷(女性)は身体検査を嫌がった。同性にでも自分の裸は見せたくないとか。でも、種田(男性)にならチェックされてもいいと言い出す。結局20分程度 種田と水谷は二人っきりで検査を行い、種田が水谷は鍵を持っていなかったと伝えた。あきらかに怪しい…。


その後、ドミノ倒しの犯人を見たという証言から後田が翌日追放され、脱獄者は現れなかった。さらに人狼からの手紙を友一が見つけた。


「私は…すでに鍵を手に入れた者だ。今回私が脱獄しなかったのは…君たちに生き残るチャンスをあげるためだ。


“9000万円”「クリア報酬の1億円の9割 9000万円をゲームクリア時に私に譲渡する」…という念書を全員 運営に提出しろ。


もし従わなければ…私は次の機会に…100%脱獄を実行する。」


と書かれていて、運営も面白そうだからという理由でokにした。念書を提出すれば人狼は”8億2000万円”を獲得することとなる。これに対し念書を書くことに賛成しなかった人物は、


・友一
・紫宮
・クロキ
・不動


この4人。種田、四部を含む5人は念書賛成派に。つまりは種田たちが多数派。友一たちを追放することが可能な状況ができあがったのだ。


ここから事態は大きく動く。まず鍵は実在して鍵を見つけたのは水谷。そして種田に共有している。友一は様々な策を展開するものの人狼の絞り込みはできても特定は未だできていない。


『トモダチゲーム』10巻の内容を予想


10巻で人狼ゲームは終了するでしょう。一気に残り5人までに減ってしまうためです…。(9巻の終盤に書いてありました)


で、9巻から10巻で起こることを考えてみると、


・紫宮が念書賛成派に移る(おそらくこれは友一の策)

・四部が念書賛成派にいること(これも友一の策だった)

・友一が運営から借りた工具を別のことに使っている可能性が高い


これらが大きな鍵になってくるのではないでしょうか。…とはいっても、正直何が起こるか考えついていない状況です。


トモダチゲーム…ゲームクリアの状況が今回は全く読めないので楽しみです。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。