『プラチナエンド』の最新刊7巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『プラチナエンド』の最新巻である7巻の発売日と、6巻のネタバレから見える7巻の内容を予想していきます!

プラチナエンドを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

4巻:2016年11月4日
5巻:2017年2月3日
6巻:2017年6月2日

このようになっています。


7巻の発売日(予想)は、


7巻:2017年10月4日発売予想

プラチナエンドを完全無料で読む方法!


「プラチナエンド 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかくプラチナエンドを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見るとプラチナエンドの1巻~最新刊の6巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけでプラチナエンドの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってプラチナエンドの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してプラチナエンドを無料で読むことをおすすめします!



『プラチナエンド』6巻のネタバレ


明日は六皆堂を救うためミラーハウスの中に入った。正直なところ、これは自殺行為だ…。そして明日が六皆堂の娘を、六皆堂が妻を抱えて見えない速さでミラーハウス内を飛び回ることにした。


そうすれば外にいる底谷が明日たちを殺すことができないためだ。といっても、これは付け焼き刃の策。明日も言っていたが、とりあえず現状維持をするために飛んでいるだけであって、いずれ疲れがきて飛ぶことをやめれば殺される。


メトロポリマンはそんな様子を見て長期戦になることを覚悟したのか、底谷に見張りを任せ自分は家に帰っていった。メトロポリマンは家からミラーハウスの様子を見ながら、底谷に「奴らの動きが止まった時だけ連絡しろ」と伝える。


見張る底谷。一向にミラーハウス内から出てこない明日たち。そんな中ミラーハウス内で明日が言葉を発した。


「出られるかもしれません!」


焦る底谷。そして一瞬の隙を見てミラーハウスの中から明日たちが消えた。ハウス外に待機していたバレとナッセも消えた。


それから半日。底谷はミラーハウス内に明日たちがいるのか疑心暗鬼になっていた。メトロポリマンはそう思ってミラーハウスを離れたら明日たちの思うつぼだから、と待機命令を出す。


明日たちはさらにミラーハウス内を高速で飛んでいただけで、実際に消えたわけではない。その分、疲れもどっと来ている。半日超高速で飛び回っているのだから…。


その頃ルベルは必死に知識を溜め込み1級を目指していた…が、さすがに短期間に知識を溜め込むのは難しいようだ。一人悪戦苦闘していいたところに咲が来た。


「ありがとうルベル。でもでもういいの。私皆のところへ行く。」


咲はそう言ったが翼を持たない咲が明日たちのところへ行っても殺されるだけだ。ルベルは咲を止めながら、自分が1級になれずに咲に無力感を与えている自分に絶望した。


その時!ルベルの目から涙が。通常天使は涙を流すことはない。ルベルは天使史上初めて涙を流した。そこへ神からの言葉が届く。


「これからおまえは1級となりこう名乗るがよい。感情の天使ルベルー」


ルベルは1級へ昇格した。咲は翼を獲得し、コスチュームに着替えすぐさま明日たちの元へ行く。そして、咲はカメラの死角を見つけ底谷に向かって赤い矢を飛ばす。赤い矢は底谷に命中し、底谷は咲を愛してしまった。


底谷は咲の言うことなら何でも聞く。咲がミラーハウスを壊せと言えば壊すのだ。ミラーハウスは壊れ明日と六皆堂は出てきた。これで状況は明日たち有利。…と思いきや新手が。


メトロポリマンの配下?である、元自衛官の幕松竜二。薬物を扱う女。仮面をかぶった少年。この3人が到着し、4対4となった。メトロポリマンは、この3人を倒せば逃げずに相手をすると約束した。


そして最初の相手幕松。彼は自衛官を辞めるときに大量の武器を持って消えた男。重機関銃や無反動砲といった凄まじい武器を持っている。そんな彼との戦いで先陣を切ったのが底谷。彼は刀を構え突進する。幕松は銃を乱射するものの、天使の翼で飛んでいる底谷からすれば銃なんて止まっているようなもの。避けるのは容易い。


そうやって底谷はどんどん幕松との距離を縮める。が、幕松も天使の羽を持っている。底谷がゼロ距離まで近づいた時に飛んで逃げようとした…が、幕松の翼を明日と咲がそれぞれ翼で抑え動けなくして、底谷が幕松を切った。


次の相手は薬物使いの女。彼女は服の中にケースを持っていて、そのケース内には丸い物体が。その丸い物体は人間の白血球をベースに組み換え融合を繰り返し作った最強のウイルス。FSV。感染すると重篤な免疫不全を起こし空気中のあらゆる病原菌、雑菌を取り込み死に至る。さらに空気感染するのでウイルスをまけば甚大な被害が起こるのだ。


FSVの紹介をしたあと、FSVが撒かれる条件について説明を始めた。FSVを撒く方法は手元のスイッチを押した時と、女が死んだ時。この2つ。女の心臓には連動チップが入っており死んだら完治してFSVが撒かれる仕様。そこまで話して、次にFSVを撒かないための条件を伝えた。


それは…女の実験の実験台になってもらうことだ。彼女が新薬として開発した「遺体処理の時に使う、人体を溶かす薬」の人体実験をしたいらしい。動物実験は完璧だったので、あとは人で試すだけ。その実験台になってくれればFSVを撒かないそうだ。


で、実験台に選ばれたのはレッド(明日)。メトロポリマンが選んだ。女は観覧車の上に来るように明日に言い、明日は観覧車の上に。そして翼を使って逃げようとしたりしてはいけない。底谷と六皆堂は持っている銃と刀を捨てるように言い、実際に彼らは捨てた。


あとは女の元へ明日が行き、女の新薬を明日に注射すれば取引は成功。(戦いだったが途中から一方的な取引になってしまった…)一歩ずつ近づく明日。その間に明日も咲も六皆堂も何か策を考えるが思いつかない…。そうこうしている間に明日は女の元へ到着。


万事休すか…と思われたが明日は諦めていなかった。女が明日に注射を刺す瞬間、明日は白の矢を出しFSVに打ち込んだ!FSVは人間の白血球をベースに作っている=人間の細胞を死滅させられる白の矢ならFSVを殺せる!と考え実行したのだ。


また、白の矢は現実の物体に干渉しないので、FSVが入った容器を割ることもなくFSVだけを無力化した。


『プラチナエンド』7巻の内容を予想


幕松との戦いは、The戦いって感じだったけど、女との戦いは取引っぽかったですね。笑


とはいえ、キャラそれぞれの得意なスタイルでの戦いは面白いです。


7巻では、女との戦いが終わり、最終戦。謎の仮面(おそらくトランプ大統領?)をかぶった少年との戦いになります。彼は強いのかどうなのか…。楽しみですね。


7巻は女との戦い&少年との戦いで全部使ってしまい、最後に、


明日「4-0。次はお前だメトロポリマン!」


メトロポリマン「殺してやるよ」


という展開になると予想します!









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。