『ナニワ金融道』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『ナニワ金融道』のレビュー記事となります。


世の中の本当の恐ろしさって、ホラーでもお化けでもなく、きっとお金なんだと思う。


その世界で一番恐ろしいお金が、これでもかっていうくらい怖くなるのがナニ金なのです…。


『ナニワ金融道』はこんな漫画


主人公・灰原は、ぱっとしない肉体労働者だった。しかし勤め先が倒産し、再就職先に金融会社を選んだことで、人生が一変する。


そこは金融会社とはいえ、CMに出てくるようなところではなかった。


借金返済できないの人の、恋人をソープランドで働かせたり、だまして家と土地を奪ったり、誘拐まがいなことをしたりと、それはそれはえげつない会社だったのだ。


『ナニワ金融道』の主要登場人物


灰原


主人公。金貸し会社の帝国金融勤務。
最初はえげつない金貸し業に戸惑うが、やがてどっぷりつかっていく。


金畑社長


帝国金融の社長。戦後時代からの苦労人。みかけはやさしいが冷血。


桑田


主人公の上司で相談役。


市村 朱美


主人公の恋人。背中に刺青がある。

『ナニワ金融道』はこんな人におすすめ!


☑ 友だちにお金を貸したのに返してもらえない人

☑ 消費者金融にお金を借りた人

☑ パンチな人


映像化情報


実写ドラマ


スペシャルドラマとしてフジテレビ系で2015年1月『新ナニワ金融道』放送。


主演は中居正広。


実写映画


『ナニワ金融道 死角はどこだ』


作者情報


作者名


青木雄二 先生


作者の主な作品


・桃源郷の人々

・大阪裏稼業列伝 ナニワの虎

・カバチタレ!


見どころ


お金の恐ろしさを世に知らせ、センセーションを巻き起こした作品だ。


講談社漫画賞や手塚治虫文化賞優秀賞なども受賞した話題作で、現在も金融の怖さを伝える伝説作として、広く読み継がれている。


作者のペンは容赦ない。ほんの軽い気持ちで借金した人たちが、地獄の底まで落ちていくさまを、実に忠実に描写する。


ソープランドに落ちた人だって、掃除もするし、起きてからまた出勤にでかける。そのあたりを淡々と描くことで、かえって地獄の雰囲気を伝える様は圧巻だ。


この作品には、コマの大小、キャラの大きな表情の変化、視点の変化、タメなど、いわゆるマンガの鉄則ともいえる表現方法はほとんど排除されている。


それがどうしようもなく淡々とした日常を彷彿させてたまらない。そしてそこで描かれるお金の恐ろしさは、小切手の裏書、連帯保証人、貸借権など、どれもが生々しく現実そのままに書かれており、またに日常に潜むホラーとして、読者に襲い掛かってくる。


普通の日常、淡々とした手続き、鷹揚のない会話。ここにお金が関わってくると、どれほどの恐怖を与えるのか、本作品を手にとって味わって欲しい。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。