『監獄実験』の最新刊5巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『監獄実験』の最新巻である5巻の発売日と、4巻のネタバレから見える5巻の内容を予想していきます!

監獄実験を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

2巻:2016年7月20日
3巻:2016年12月28日
4巻:2017年5月19日

このようになっています。


5巻の発売日(予想)は、


5巻:2017年10月20日発売予想

監獄実験を完全無料で読む方法!


「監獄実験 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく監獄実験を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると監獄実験の1巻~最新刊の4巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで監獄実験の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って監獄実験の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して監獄実験を無料で読むことをおすすめします!



『監獄実験』4巻のネタバレ


藍都と勝又の「情報聴取ゲーム」から4巻は始まった。藍都は勝又のパートナーである倉梨に対して暴行を加えることはなかった。暴行一歩手前で急に態度を変えたのだ。


藍都は”主催者”として姿を見せた九字間の言葉を思い出し、九字間の思い通りにことが運ぶのが嫌だったのだ。


九字間の言葉:

江山藍都…その地位はキミが実力で得たものではない

我々が与えたこの場所だけの「役」なのだ



藍都が倉梨を殴り、拷問し、情報を聞き出せば九字間が与えた役を藍都が進んで実行することになる。藍都はそれが気に入らなかったのだ。



その頃、三崎は監禁ゲーム終了に伴い、新たに担当になった園枝から持ち込んだ道具の回収を行われていた。どうやら園枝は完全に三崎を気に入っているようだ…。恋愛感情という意味で…。



三崎の元担当の新村は監禁ゲームに関して疑問をいだいていた。


なぜ九字間は姿を見せたのか?


という疑問。これまでも九字間は姿を見せることがなかった。ということから考えられるのは、


1.九字間の裏に別の主催者がいる可能性

2.九字間は監禁ゲームに関わった者(黒服含む)をすべて消す予定なので姿を見せたのでは



ということ。実際に監禁ゲームの前身のような実験が行われたことがあり、その実験の手伝いをした新村の先輩たちは全員殺されたそうだ…。つまり、今回も同じように殺される可能性がある。新村は殺される可能性がある以上、対策を立てて準備すると長嶺に言い、監禁ゲームが始まって様子がおかしくなった人物がいることを伝える。


それは藍都の担当黒服の原川だ。原川と新村は幼馴染らしく、もし九字間がはら川を利用して(原川を)苦しめているなら許さないと言った。とはいえ…原川に「お前は監禁ゲームの裏を知っているの?」なんて聞けるはずもない。聞いて原川が黒なら聞いた本人は消される可能性が高い。


で…様子がおかしいことを察知し、実際に悪意なく聞いてしまいそうな長嶺に釘を刺すため、今回新村は話したのだと思う。後輩、友だち思いのいい奴だ。死にそうだが…。



所変わり、藍都が監禁している桐島の友だちのナミは藍都の家の周りを探っていた。彼女は桐島がいなくなったことと、藍都に関連があると見て探っていたのだが、監禁ゲームに支障を来すと考えられた。そして拉致された。


そんな拉致られたナミを護送している時に、三崎が現れた。三崎は園枝を殺し、園枝から奪った銃で暴れまわっているのだ。もちろん本部から脱出のため。ナミを拉致した黒服も殺し、ナミと行動を共にする。最終的に三崎は黒服に捕まったが、左腕に大やけどを負ってしまった。



そして藍都。藍都は自分が桐島を拷問していることに対して疑問を抱くようになってきた。いつものように桐島を拷問していると、桐島が、


「江山の…気がすむまで好きにしていい。我慢する…。全部…受け入れる。終わったら…家に帰るの…。優と快が待ってるから…。帰らなきゃ…絶対…帰るから…。」


と言った。極限状態の桐島から出た言葉→桐島の本音?→あれ…桐島はいい奴なのか…?と考えたのかは分からないが、自分が正しいのかわからなくなる藍都。


「桐島…お前はクズでいい…そうじゃなきゃ意味がない…騙され…裏切られ…人生を狂わされた。


この復讐の意味がない…あいつは…全部嘘で…なにもかも…騙すために近寄って…


……ははっ ああ…なんで 桐島…さん…



本当に…全部…ウソだったの……?」


桐島も極限状態だが、藍都の精神も崩壊しそうな感じだ。



勝又は娘の病院にお見舞いに行っていた。勝又の娘はレイプされその影響で言葉がしゃべれないほど憔悴しているのだ。


そこへ事件当日、警察に通報してくれた娘の恩人(だと勝又は思っている)津上という青年が訪ねてきた。彼も勝又の娘のお見舞いに来たらしい。が、娘は彼を見ると怯え始めた…。


勝又と津上は娘の様子がよくないので帰った。勝又はそのまま監禁ゲーム会場へ。そこで情報収集ゲームの裏オプションで購入した監禁相手の情報を見ることに。勝又は倉梨の情報を、藍都は桐島の情報を。


勝又は倉梨が不倫していたことなどを知り驚くがもっと驚愕の事実が…。それは桐島の情報に記されていた。桐島もレイプされた過去があるらしく、その時の実行犯の部分に『江上奏太』の名前があった。勝又の娘をレイプした犯人(の一人)は、通報してくれた江上だったのだ…。


『監獄実験』5巻の内容を予想


情報収集ゲームはサクッと4巻で終わると思ったのですが少し長くなりましたね。


とはいえ、情報収集ゲームは終わらないのではないでしょうか。5巻の予想になりますが、江上の本性を知った勝又は監禁ゲームそっちのけで江上に復讐する→逮捕or江上に重大な傷(重症か死傷レベル)を負わされ監禁ゲーム脱落。ということになりそうです。


ただ…まだ監禁ゲームが始まって8日しか経っていません。あと22日もあるのに事態の進行が早すぎる気がします。三崎はすでに相手を殺していますし。これからどうなるのか…。グダグダ展開にならないことを期待します。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。