『東京タラレバ娘』の最新刊9巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『東京タラレバ娘』の最新巻である9巻の発売日と、8巻のネタバレから見える9巻の内容を予想していきます!

東京タラレバ娘を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

6巻:2016年9月13日
7巻:2017年1月13日
8巻:2017年4月13日

このようになっています。


9巻の発売日は、


9巻:2017年7月13日発売予定

『東京タラレバ娘』完結!最終巻である9巻のネタバレと東村先生への感謝

2017.07.22

東京タラレバ娘を完全無料で読む方法!


「東京タラレバ娘 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく東京タラレバ娘を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると東京タラレバ娘の1巻~最新刊の8巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで東京タラレバ娘の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って東京タラレバ娘の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して東京タラレバ娘を無料で読むことをおすすめします!



『東京タラレバ娘』5巻のネタバレ


8巻では、仕事に穴を空け行方不明となったKEYを探しに行こうと香・小雪・マミから倫子が説得されるシーンから始まる。


早坂さんとの生活をスタートさせたばかりの倫子は、やっと掴み始めた「幸せ」を守るために捜索を断ろうとする。そんな時、倫子の携帯に見知らぬ番号から一本の電話が。


電話の相手は、以前倫子が仕事を受けた北伊豆の山田さん(ローカルドラマの監督)。山田さんによると、北伊豆の海岸にKEYが酔っ払って寝ているとのこと。捜索するまでもなくKEYの所在が判明し、3人に強制連行される倫子。


道中、車内でKEYの幼い頃のビデオ映像を見ることで、KEYが以前結婚していた沢田曜子に倫子を重ねていたことを知る。そして、沢田が亡くなった歳を生きる自分たちが、女友達と一緒に酒と愚痴に時間を使っていたことに、本当に腹を立てていたことを悟る。


マミが運転する車は止まることなく、北伊豆のKEYのもとへ向かう。車内では、KEYと対面したあとにKEYと倫子の互いの気持ちをはっきりさせるべきだという話になり、「もし アイツにはっきり好きだって言われたら…」「そしたら倫子は早坂さんと別れれば2人はめでたく…」と、倫子とKEYの関係を蒸し返そうとする香たち。


やっとこの手に掴みかけた早坂さんとの幸せを守ろうとする気持ちと、(心の奥底にある)KEYとの一夜を忘れられない、もしかしたらKEYと結ばれるかもしれないという気持ちとで激しく葛藤する倫子。


そんな倫子を現実に引き戻そうとするかのようにかかってきた早坂からの何気ない電話。弾かれたように車を降りると訴える倫子だったが、KEYに訊きたいことを訊けないままにしてきた倫子の逃げを許してくれない香と小雪。倫子の訴えは却下され、車は北伊豆へと到着する。


KEYと倫子の決着を見届けようとする香と小雪をマミが抑え、2人きりで海辺へ移動したKEYと倫子。自分の境遇が、倫子たちが食いつきそうな話だと大体察しがついていたと話すKEYに、自分と自分の大切な親友を侮辱され熱くなる倫子。


そしてその勢いで

「あんたあたしのこと好きなの?」

とKEYに問う。


返答しないKEYに「黙るってことは…それは…嫌いだって言わないってことは…じゃあ…そういうことなのかもしれないって思っちゃうでしょう?」と素直な気持ちをぶつける倫子。


するとKEYは「違う 俺は…もう人を好きになったりはしない」とセリフめいた言葉をつぶやく。そんなKEYに、


「愛してる人が死んだからってずっとそれをひきずって…タラレバ言って前に進めないのはあんたのほうよ!このタラレバ男!」


そう言うと倫子はKEYの前を走り去る。一人になった倫子は、倫子の帰りを待つ早坂に「香が体調悪くなったから病院から今日戻れないかも」と連絡をしながらも、KEYが追いかけてくるのを心のどこかで期待していた。


そんな倫子に背後から声をかけたのは、息を切らすほど全速力で追いかけてきたKEY。倫子の手から早坂と連絡を取っていた携帯を取り上げようと揉み合い、倫子にキスをするKEY。そして満天の星空の下、誰もいない海辺で二人は体を重ねてしまう。


『東京タラレバ娘』6巻の内容を予想


とうとうKEYの気持ちを訊いた倫子。ただ、KEYの口からは「好き」というはっきりとした返事は出ず、2人の関係が進展したようなしてないような、読者からはなんとももどかしいところで終わった8巻でした。


ただ倫子の葛藤がとても細やかに描かれていて、読んでいて倫子に感情移入した人も多かったのではないでしょうか?


さて9巻の予想ですが、東京に戻った倫子は実写ドラマのように早坂さんから別れを告げられそうな気がしてきました。名言「僕はタラレバ男にはなりたくないっ…!」は、出るかどうか分かりませんが、やっぱり倫子の目線の先にKEYがいることを悟る何かがあるかもしれませんね。


倫子がKEYとの関係を絶ち、早坂さんが結ばれるという結末にするのは難しそうです。


かといって倫子とKEYが結ばれるためにはKEYが「倫子」に歩み寄る必要があるので、あとはもうKEY次第という感じのような気がしてきました。


2人が結ばれて終わるか、倫子・香・小雪3人とも彼氏できずに終わるか…どちらかになりそうです。


どちらにせよ、物語の軸となる倫子の恋愛がかなり盛り上がっているので、もしかすると9巻か10巻あたりが最終巻かもしれないということも考えられますね。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。