『監獄学園』の最新刊26巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『監獄学園』の最新巻である26巻の発売日と、25巻のネタバレから見える26巻の内容を予想していきます!

監獄学園を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

23巻:2016年11月4日
24巻:2017年3月6日
25巻:2017年5月2日

このようになっています。


26巻の発売日は、


26巻:2017年8月4日発売予定

監獄学園を完全無料で読む方法!


「監獄学園 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく監獄学園を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると監獄学園の1巻~最新刊の25巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで監獄学園の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って監獄学園の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して監獄学園を無料で読むことをおすすめします!



『監獄学園』25巻のネタバレ


前巻の続きでヘリがアンドレに向かって墜落する場面から。アンドレまであと22m。副会長や周りが奔走する中、アンドレまで15m。


ガクトがPBRを追いジャンプする少し前にアンドレまで9m。ここでみつ子の髪留めを杏子が解いた。


「大ピタゴラに対抗できるのは…大ピタゴラだけ!!」


みつ子の髪を止めていたシュシュはヘリに向かって飛び、PBRと衝突。衝突したPBRをガクトがキャッチするも…キャッチした場所が花火の真上。飛んできた花火がPBRの中に入り、ガクトの手から抜けPBRは再び浮上。


アンドレまで残り2m。PBRはヘリ後部のプロペラに衝突しヘリは学校の屋上に墜落。生徒の命は守られた。理事長とパイロットもパラシュートで脱出し無事。事なきを得た。そこで奇妙なセリフが。


「二十年前」


理事長「私を収監するために作られたこの監獄を…私の乗ったヘリが破壊する事になるとは……なんという皮肉………だ!」



とはいえ、こうして無事に…?第48回八光学園体育祭は幕を閉じたのだった。騎馬戦は混乱の中で続行不可となり、結果は引き分け。表・裏生徒会どちらもこれまで通り存続することになった。


体育祭が終わったあと男子たちに変化が。というより、女生徒による男子たちの扱いに……。


シンゴとジョーは歩いているだけで「死ね痴漢野郎」「こっち見んな」と罵声を浴びせられ、さらに物を投げつけられるように。シンゴとジョーは少し辛そう。


対するキヨシは「ボッキヨシ!死ーね!」などなど…。シンゴとジョーさえも哀れんでしまう扱いを受けていた。そんな状況でもキヨシは「何してんだ?早くメシ行こうぜ」と気にする素振りを見せない。


キヨシは千代ちゃんがいるから、彼女さえ味方でいてくれれば問題ないと言っていた。だからこそ、彼はこんな地獄のような環境でも耐えることができるのだ。


逆にガクトとアンドレはモテモテ。ガクトはPBRと共に学園を救った英雄。アンドレは騎馬戦で圧倒的な強さを見せたことで人気が急上昇したのだ。ここまで扱いに差があるとは…。


千代は学内でキヨシを避けている風を装ってはいるが、実際は花を介して手紙のやり取りをしている。どうやら、千代はキヨシのことを嫌っていないらしい。


ただ…花はそんな状況が面白くない。少なからずキヨシに想いを寄せている花からしたら、こんな仲介行為に嫌気がさしているのだ。そこで少しいたずらを。千代が書いた手紙をビリビリに破ってキヨシに渡した。


ジグソーパズルのような手紙…。キヨシはその手紙を並べて千代のメッセージを確認した。


「キヨシ君

死ね

千代」



ここでキヨシの精神は破壊された。顔は阿修羅のように変貌し、セリフのあとに感情関係なく(笑)がつくように…。心の支えを失ったキヨシに残された道は…。


キヨシは決意した。みんなが自分を罵倒する時に言う言葉のように、「ボッキヨシ」で自殺しようと。正確には勃起したまま首吊り自殺を図ろうとしているのだ。黒板に「ボッキヨ死ニマス」とメッセージを残し首吊りをした。


が、ロープを結んでいた蛍光灯が割れ、キヨシは落下。自殺することさえできない。その現場に偶然、千代が通りかかった。千代はそんなキヨシを見て膝枕した。そしてキヨシが千代から受け取った手紙を見て、正確に並べた。


「キヨシ君へ

七夕ね!

千代」



キヨシのテンションは最上。「ボッキヨ死」→「ボッキ良し」に変貌した。


そしてキヨシはさらなる決意を。七夕に焼肉パーティを開き、最高のシチュエーションで千代に告白すると!


そこで七夕パーティに参加する予定である男子たちの元へ会費を集めに行った。一人五千円…。高すぎる!明らかに高すぎるということでみんな静かに怒り、一人千円だした。


次に会費をもらいに行ったのは裏生徒会室。花と副会長がいた。花は千代とキヨシが楽しむのが嫌だからか、行かないと言い出す。副会長も五千円を出せないと言う。キヨシ絶望。


次に向かったのは表生徒会。そこにはみつ子がいた。キヨシはみつ子に、ケイトが今回の七夕焼肉パーティのスポンサーになってくれないかと頼む。そうすれば万里からケイトが感謝され、表と裏は仲良くなる。


表と裏が仲良くなれば、みつ子とガクトの仲も深まる。という説を出してみつ子を説得。ただし条件が。みつ子がガクトと二人っきりで話せたら考えるとのこと。


そこでキヨシはガクトをみつ子の元へ連れて行こうとする。が!今やガクトは学園の英雄。常に女子がガクトを見たい、話したい、近づきたいと監視しているような状態。そんな状況でガクトをスムーズに連れ出すことは困難。


どうすればいいのか話し合った結果、ジョーがいい案を出した。その案とは、ガクトを大きなダンボールに入れ、カートに乗せて運ぶというもの。運び手はキヨシ。早速実践したところ、女生徒はキヨシへの嫌悪感からガクトの存在に気づかない。


すんなり包囲網を抜けみつ子の元へ進む。が、途中でビッチ先輩に出くわした。ビッチ先輩もキヨシを避けようとしたが、その時ダンボールからガクトが出てしまった。ガクトはダンボールの中の息苦しさに耐えきれずに出てきてしまったのだ。


ビッチ先輩はガクトを独り占めするため、キヨシに千円を払いダンボールの中でガクトと二人っきりになった。もちろんガクトは抵抗したが、


キヨシ「ガクト…考えてみろ…1000円は…何PBRだ?」


というセリフでガクトの心は揺らいだ。その隙きを逃さずダンボールの蓋を閉じるキヨシ。ビッチ先輩は中でガクトの好きなものの話をする。ガクトは三国志が好きだというと、ビッチ先輩は三国志全巻を速攻で(ネットで)購入。その姿勢にガクトはビッチ先輩を見直す。


ビッチ先輩すかさず、”これなんだクイズ”を開催する。ガクトの手を取り、ガクトの手で触れたものが何か当てるゲーム。…とここでキヨシの介入。


キヨシ「先輩時間です。」


ビッチ先輩「え~早い~~もう少し~~」


キヨシ「ダメですよ!10分経ちました。開けますよ!」


ビッチ先輩「んじゃ10分延長ヨロシク」(追加で千円を出す)


キヨシ…黙認。これなんだクイズ最初の問題は「ほっぺ」と答えたガクト正解。続いて2問目。ガクトの指がどこかに入った。


ビッチ先輩「ん~~~~難しいから特別にヒント♡やさしく触ってくださーい♡」


『監獄学園』10巻の内容を予想


体育祭終わりました!共存する感じで上手くまとまってよかったです。



26巻では、”これなんだクイズ”の続きから…。25巻の最後の次巻予告に書いてあったものを簡単に書き出します。


「世紀の難問―――

ドコなのか……

ココなのか……

アソコか……」


以上です。笑


これっておそらく、あやしい場所に見せかけて実は違う場所でーす!っていう、ひっかけ問題みたいなものだと思うんですよね。


「男の人が体の真ん中にぶら下げているものってなーんだ?」→ネクタイみたいな。


とはいえ…絵が…それにしか見えない…。ここの回答は次巻で確認要チェックです!



そして、もう一つの次巻予告では、七夕焼肉パーティの買い出しにキヨシと花が二人っきり?で行くことになったような感じでした。


ここで花がキヨシに対して何らかのアクションを起こすのは楽しみですね。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。