『いぬやしき』の最新刊10巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『いぬやしき』の最新巻である10巻の発売日と、9巻のネタバレから見える10巻の内容を予想していきます!

いぬやしきを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

7巻:2016年8月23日
8巻:2017年1月23日
9巻:2017年5月23日

このようになっています。


10巻の発売日(予想)は、


10巻:2017年9月23日発売予想

いぬやしきを完全無料で読む方法!


「いぬやしき 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかくいぬやしきを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見るといぬやしきの1巻~最新刊の9巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけでいぬやしきの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使っていぬやしきの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録していぬやしきを無料で読むことをおすすめします!



『いぬやしき』9巻のネタバレ


8巻で死闘を繰り広げた壱郎と獅子神。その余波は余すところなく民間人に出ていた。といっても、獅子神が起こしたテロによって多くの人が被害を被っていた。


怪我をした人、瀕死の人、亡くなった人。そんな人たちを壱郎は次々と治癒した。一箇所に留まらず、あちこちに飛んでいき治療した。その様子はyoutubeにアップされ、「神様」と讃えられ賞賛された。


youtubeだけでなく、テレビニュースでも取り上げられ壱郎は一夜でヒーローに。いや、神様に。家族はそんな壱郎を見て驚き、壱郎が本物なのか不安になる。壱郎は家族の前で体を分解して見せ、家族に正体を打ち明けた。


壱郎は家族を困惑させたいわけではなくて、家族にこれ以上嘘をつくのが嫌だったように感じる。家族も受け入れてくれた。その時の家族の言葉は壱郎にとって今後の励みになるだろう。


母(妻)「お願い………うちに居て………」


娘「お父さんだよ!!どう見たってお父さんじゃん!!」


そんな温かい雰囲気とは別に、安堂は大変なことになっていた。安堂が自宅に帰ると獅子神がいたのだ。怯える安堂。安堂はトイレに行くふりして壱郎に電話して、今すぐ来てほしいと頼む。


が、獅子神は壱郎に協力した安堂を殺しに来たわけではなくて、単に昔のように安堂とダラダラ漫画を読みながら一緒にいたかっただけ。とはいっても、獅子神の最近の行動を見ていれば信じられるはずがない。


安堂「お前はもう皓(獅子神)じゃない。殺人機械だ……心がない……ニセモノの機械だ……」


「お前 今まで何人殺した?何人殺したんだ!!」


安堂は獅子神をまくし立てる。獅子神は涙を流し、その場を去っていった。


翌日?なのかは定かではないが、獅子神は自分が指名手配中であることを分かっていながら街へ繰り出した。みんなすぐに獅子神と気づき怯える。


そこへ警察が到着。多くの警察が獅子神を追い回し、包囲し発泡。今までの獅子神なら「バン!」とやり返していたが、安堂との会話があったからか抵抗せずに逃げた。


壱郎は自分の存在を家族に打ち明けたことで、家族との仲は人間であった頃以上によくなった。久しぶりに家族で旅行に行こうか?なんて話をするまでに。


……が…。世界に激震が走る。


―3日後に巨大隕石が地球に衝突する。回避する術はない。―


この事実がテレビで伝えるやいなや、世界は大混乱。もはや世紀末。裸で電車内を走り回る若者や、強姦、殺害が多発。


『いぬやしき』10巻の内容を予想


んー。GANTZのラストっぽくになりましたね…。展開の話ではなくて、GANTZも設定、最初あたりは面白かったのですが終盤は雑な感じになって、何かヤケクソ感が出るというか…。


いぬやしきも同じように、どこかはるか昔の漫画で見たような展開で締めくくりそうです。今後の展開を予想…というか、おそらく確定なのですが、


巨大隕石襲来→壱郎突っ込み破壊する決意を→獅子神「俺は俺の大事な人を守るために行く(キリッ)」→二人隕石に突っ込み隕石消滅→終わり


うん。おそらくこんな感じ。私は漫画を読む時に、結果よりも過程を楽しむようにしているとどこかの記事で言いましたが、今回は過程もある程度想像できるのでイマイチかな…といった感じです。


10巻で終わると思うので、奥先生の自作に期待!









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。