『花のち晴れ』の最新刊7巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『花のち晴れ』の最新巻である7巻の発売日と、6巻のネタバレから見える7巻の内容を予想していきます!

花のち晴れを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪

発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

4巻:2016年7月4日
5巻:2016年12月2日
6巻:2017年4月4日

このようになっています。


7巻の発売日は、


7巻:2017年8月4日発売予定

花のち晴れを完全無料で読む方法!


「花のち晴れ 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく花のち晴れを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると花のち晴れの1巻~最新刊の6巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで花のち晴れの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って花のち晴れの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して花のち晴れを無料で読むことをおすすめします!



『花のち晴れ』6巻のネタバレ


音はバイト先に来たハルトに桃園学園へ転入することを伝えた。当然ハルトは怒った。モヤモヤした気持ちで帰宅する音。帰り道の橋で近衛と会った。


近衛は音を待っていたらしく、自分の過去を話し始める。近衛は体が弱く、身長も低いため同級生にいじめられていたらしい。そこを馳に救われ今に至る。だからこそ馳に忠誠を誓っているし、馳の彼女である音は桃園学園へ転入”すべき”と念を推した。


ハルトはハルトでぼろぼろ。そんなハルトが入浴していると、めぐみが裸で入ってきた。めぐみはハルトが好きで、ハルトが音のことでモヤモヤしているのを見ていられない。自分の元へ来てほしいと思っているし行動に移している。が、ハルトはゆらぎそうになるも、やはり音を選んだ。


音は桃園学園への転入の話を親にすると、母親の大反対をくらった。天馬と一緒にいたいのなら卒業してからにしろと釘を刺される。張り詰めていた音の心が開放された。どうやら、近衛が怖くて自分は転入するのが正解と自分に呪縛?をかけていたらしい。母の言葉で冷静になり、転入しないことを天馬に伝える決意ができた。


そんな中、近衛は音を桃園に入れるため強引な手段を使う。突然音へ桃園の制服を郵送したのだ。音は困惑し、桃園に入らないことを伝えるため、制服を返すために、郵送された住所から近衛の住所を知り近衛の家に向かった。近衛の家に入ろうとすると、近衛の姿が。しかも、この前音にスプレーをかけた男たちと一緒。音は近衛のあとを付けた。


すると…近衛が男たちにお金を渡し手足のように使っている光景を見た。英徳への嫌がらせも近衛(の指示で動いた男たち)がやっていたのだ。音は男たちがいなくなるのを見計らい、近衛を責める。開き直る近衛。近衛は音に、


「言うつもりですか馳さんに。言ってみたらいい。なんの証拠もないこんな話しをきいても。信じませんよ誰も。」と言った。


音は早速馳にそのことを伝えに桃園学園へ。馳に話そうとすると、近衛が来た。計画的だ…。音は少し怯んだが、近衛が犯人だと馳に伝えた。が、馳は音ではなく近衛を信じてしまった…。絶望する音。追い打ちをかけるように近衛が挑発する。音は近衛にビンタし、泣きながら走り去った。


その時に出会ったのがハルト。ハルトは音を心配している。そこへ馳と近衛が通りかかった。馳は音に、なぜ近衛を疑ったのか理由を聞きにきたようだ。音は、見たからと答える。


で、ハルト。


「おいちょっとまてよ。江戸川が馳に言ったのか?コイツ(近衛)が犯人だって。馳。おまえなんで信じてやんねーの?バカかおまえは」


続いて馳。


「神楽木おまえは知らないだろうが近衛はうちの副会長でそんなことをする奴では…」


ハルト「はあ?いやいやいや違うだろうが。そんなの一択だろうが。合ってよーがはずれてよーが、好きな女の言うこと信じなくてどーすんだよ。こいつの気持ち考えてやったらわかるだろ?」


馳 絶句。そんな状況を見て近衛はハルトに対して、永徳のリーダー(ハルト)がだらしないから事件が起こると言い出す。ヒートアップする近衛を制止する馳。馳は音を信じたいが近衛も信じたいそうだ。


馳とハルトが喧嘩を始めそうになったところで、音が「みんな帰ってください」と言いとりあえず解散。馳と近衛は一緒の車で、ハルトと音は歩いて帰った。音はハルトに桃園への転入がなくなったことを伝えると、ハルトは大歓喜。1分だけ…と言い、音を抱きしめた。


馳は「あの場を離れるべきではなかった」と言い、車を降りて音をおいかける。馳が音の元へ着いた頃には、ハルトに抱きしめられている状態。修羅場。ハルトに(音から)離れろと言い、ハルトを残して二人で歩くことに。


ハルトは馳に対して怒っていて、馳もハルトに対して怒り状態。翌日、ハルトの家に馳が来た。馳はハルトに、


「神楽木俺と勝負しないか?お前を立ち上がれないほどブチのめしたい。」


と、言いハルトは申し出を受け入れた。


『花のち晴れ』7巻の内容を予想


ハルトの男らしいシーンがあって、ようやくハルトのターンが来た感じです。なぜかオタクっぽい口調だったのですが…。笑


とはいえ、最後に馳の申し出を受け入れたことで、7巻ではハルトと馳の戦いが始まります。先に言っておきますが、超熱い展開!!


馳とハルトが戦うのは、延英寺の武道大会。2週間後に、


・柔道
・剣道
・弓道



この3種目の成績を競い戦います。しかも…馳は一昨年の全国武道大会(5種目)で全国優勝者なんです。ハルト大ピンチ…。この2週間にハルトの特訓編があります。


特訓編には超懐かしいイケメンが登場するのでお楽しみに!


そして武道大会ももちろん描かれます。個人的に大会の様子よりも特訓編が好きです。大会はスカッとするだけって感じなので。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。