『インフェクション』の最新刊7巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『インフェクション』の最新巻である7巻の発売日と、6巻のネタバレから見える7巻の内容を予想していきます!

インフェクションを無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

4巻:2016年10月17日
5巻:2017年1月17日
6巻:2017年4月17日

このようになっています。


7巻の発売日(予想)は、


7巻:2017年7月17日発売予想

『インフェクション』の最新刊8巻の発売日と内容を予想!

2017.07.14


インフェクションを完全無料で読む方法!


「インフェクション 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかくインフェクションを楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見るとインフェクションの1巻~最新刊の6巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけでインフェクションの購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使ってインフェクションの好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録してインフェクションを無料で読むことをおすすめします!



6巻のネタバレ


5巻の終盤で晴輝は紗月からの電話を受け取った。紗月側は大変混乱している状況で、最悪の場合 紗月が殺されるかもしれない。晴輝はすぐにでも紗月の元へ行きたい。


が、最高戦力である高木が寝ている。。。高木は一度寝たら自分で起きるまで絶対に起きないのだ。そのことが晴輝を冷静にさせた。高木が起きるまで待機しそこから行動を開始する予定。


高木が目を覚ますと、高木に現状を説明し紗月の元へ全員で向かった。


紗月がいたであろう避難所に到着した晴輝たちに残酷な報せが。その避難所の長であろう老人は「この部屋で殺されました」と血が飛散している部屋を見せ話した。


が、これは嘘の可能性もある。晴輝たちはこういった嘘情報を言われる可能性を避難所に付く前から想定し、事実を確かめるよう動くことにしていた。


避難所の主張「(紗月たちのいる部屋で)物音がしてふすまを開けたら謎の保菌者が…寝ていた彼女を食い荒らしたのです。」


この情報の真偽は分からないが、現実と思いたくない晴輝は紗月の遺体を見せるようにお願いした。が、避難所は晴輝たちの行動を先読みしていたのか、晴輝たちが紗月の遺体の前が入っている棺の前に行くとガソリンをかけ火葬した。


すぐに火を消し、棺の中を調べる晴輝たち。中には服を着ていない数体の遺体が入っていた。晴輝は紗月がいないか確認するように、遺体の右足の指を検めた。紗月の右足の指の間にはほくろがあるらしいのだ。


結果として紗月の遺体はそこにはなく、避難所が嘘をついたという結論に至り、晴輝たちは避難所を責めた。


避難所は、銃を持った晴輝たちに避難所を守って欲しいと思っている。だから紗月がいない(この段階で想定できるのは避難所外にいる、生死は不明)ことを悟られないよう、死んだことにしたかったのだ。が、嘘はばれた。


最終的な落とし所は高木から避難所への武器提供で終わった。高木は袋いっぱいの武器を避難所にプレゼントし避難所をあとに。が……バックいっぱいに入っていると思われた武器は…なんと銃1丁のみ。土でかさ増しされていたのだ。


避難所をあとにした晴輝たちに紗月から電話がかかってきた。どうやら公衆電話からかけているようだ。紗月側は現在、避難所で聞いた謎の保菌者の追跡を受けているとか。その保菌者は「メット」。メットを撃退or退けるため晴輝たちと合流したいそうだ。合流場所はさっきの避難所。高木のせいで戻りにくいのだが…。


が、問題なかった。避難所の人はメットの襲撃を受け全滅していたのだ。応戦する晴輝たち。なんとかメットを退けたものの、メットは車を運転して逃げたのだ。晴輝たちも追跡しようとしたが、晴輝たちの乗っていた車は事前にメットが田んぼに落としていた。知能のある保菌者…。


その後はつかの間の安息。晴輝はきららに好きだと告白しSEXした。ただのエロいシーンに見えるが、ここは世界の異常さや、晴輝の気持ちの変化が見えるシーンだったと思う。


翌日、晴輝たちに電話を寄越した紗月は晴輝に


「これから私一人でメットを倒しにいく…!この子のために…私の命に代えてでも…!だから…もし私が駄目でも…この子だけは助けてあげてね?」


と、言い残し電話を切った。文字通り一人でメットを倒しに行くようだが無謀だ…。そこで6巻は終了。


<スポンサーリンク>



7巻の内容を予想


6巻の終わり方と5巻の終わり方って似てますよね。どちらも紗月のピンチで終わる。


5巻と6巻だけを起承転結に当てはめると、5巻が”起”、6巻が”承”、ということは7巻が”転”で、この紗月編?は8巻で終了という感じになりそうですね。


とはいえ…新型の保菌者(知能を持っている)も確認できたし、7巻でサクッと紗月を救い出し次に進んでほしいなと思います。香里も気になりますし、個人的に神城さんと螢(晴輝の兄)が気になりますし…。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。