『ブラックジャックによろしく』の試し読み情報や内容を紹介

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『ブラックジャックによろしく』のレビュー記事となります。


現代医療の実情というか…、これはフィクションじゃないの?ってレベルで悲惨な医療現場の実情が描かれている。


私は医療関係の職に就いていないため、真偽は不明ですが、それでもリアリティが感じられて非常に面白い作品です。


『ブラックジャックによろしく』はこんな漫画


主人公の斉藤は、医学生。第一歩は研修生として、大学病院内の色々な科で実際に働くことになる。


研修医とはいえ、患者から見れば立派な一人の医者。頼りないながらも、立派に医者になろうとがんばるが、病院内ひいては日本の医学業界全体にはびこる、歪みや不条理にぶつかる。


通常なら首をすくめてやりすごすのだが、斉藤はそれらに真正面から斬りかかる。そして各科で、様々な問題を起こしていく・・・


『ブラックジャックによろしく』の主要登場人物


斉藤 英二郎


主人公。名門大学卒の研修医。25歳。研修先で常に衝突する。


服部 脩


主人公のアルバイト当直先の病院長。主人公が最初に医者対医者として対面する先生。


赤城 カオリ


主人公の在籍する病院の看護婦。斉藤が思いを寄せる。


皆川 由紀子


主人公の彼女。同病院の看護婦。


『ブラックジャックによろしく』はこんな人におすすめ!


☑ 医者のカレシが欲しい人

☑ ブラックジャックが好きな人

☑ 救急車に乗りたい人


映像化情報


実写ドラマ


2003年4月11日より6月20日までTBS系列の「金曜ドラマ」枠で放送された。


主演は妻夫木聡。


2004年1月3日に、新春ドラマ特別企画として、「ブラックジャックによろしく 涙のがん病棟編」が放送された。


作者情報


作者名


佐藤秀峰 先生


作者の主な作品


・海猿

・特攻の島

・示談交渉人M


見どころ


連載当時はテレビにしばしば登場し、医療問題を提起する作品として取り上げられたほど、現場を、実にリアルに詳細に描写している。


これを読む前と後とでは、病院に行ったときの気分が変わるほどだ。それほどまでに、病院の裏事情を赤裸々に書いている。


マンガのすごさはここにある。ここまで具体的で詳細な内容を、小説で書くと、困難すぎて一般受けはしない。テレビだとスポンサー(製薬会社が多い)からの圧力や、手術や病気の表現(本作品ではガン患者が衰えていくのを如実に描写)など数々の規制がかかる。映画では1作品に入れる内容に限りがある。しかしこのようにストーリーと画力に優れたマンガであれば、自由に表現しながらも、長年にわたって万人に読まれ続け、ひいては社会現象まで起こしてしまう。


マンガがマンガである強みが、ここまで生きた作品も珍しい。文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞も受賞している。


この作品内で起こる出来事は、病院では日常茶飯事であろう。生死がめまぐるく起こる病院では、作者のような異才が、日常をリアルに描くだけで、このようなドラマチックな作品に仕上がってしまうのだ。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。