『七つの大罪』25巻のネタバレと無料で読む方法!26巻の発売日も予想

今回は、漫画『七つの大罪』の最新刊である25巻を無料で読む方法と、25巻のネタバレから見える26巻の内容を予想していきます。


また、これまでの発売傾向から26巻の発売日も予想します!

『七つの大罪』を完全無料で読む方法


「七つの大罪 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく七つの大罪を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると七つの大罪の1巻~最新刊の25巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで七つの大罪の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って七つの大罪の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して七つの大罪を無料で読むことをおすすめします!



『七つの大罪』25巻のネタバレ


十戒との戦いでメリオダスが死んだと思い込んでいるキングとディアンヌは、現在妖精王の森に隠れている。温泉につかったり、話をしたり、踊ったり、とても楽しそうに暮らしていた。


が…みんなで楽しく踊っていると、いつの間にかキングとディアンヌが姿を消した。キングたちも自分らが何をしていたのか、急に移動してしまい何が起こったのか把握できていない。


そんなキングたちに「さあ二人共目を醒ませ」と声をかけたのは、十戒のグロキシニアとドロール。彼らはキングとディアンヌに襲いかかり、あっという間にキングたちを無力化した。そしてその後、キングたちの傷を癒やした…。


そしてキングたちに向かってこう発した。


「今より汝らに試練を与え、あたしらを超えてもらうッス…!!」


どうやら彼らの目的は七つの大罪を消すことではなく、後輩の育成のようだ。(グロキシニアは昔妖精王だったのでキングの先輩、ドロールは巨人族の長だったのでディアンヌの先輩)


彼らがキングたちに与えた試練が始まる。試練の達成方法は分からないが、試練の内容はグロキシニアたちの過去にキングたちをタイムスリップさせること。そしてグロキシニアの体にキング、ドロールの体にディアンヌが入り込み過去を体験するというもの。


そして明かされる過去。彼らはかつてメリオダス(魔神族)、エリザベス(女神族)、グロキシニア(妖精族)、ドロール(巨人族)は「光の聖痕」という連合チームの仲間だったのだ。彼ら光の聖痕は魔神族と女神族の戦争を対話によって終結させ、和平を結ばせることが目的のように感じる。


そんな光の聖痕の一員となったキングたちは、過去を体験し、過去に起こった事象を目にしていく。試練の達成方法は未だに分からない。


光の聖痕の本拠地は妖精王の森にあり、そこには四大天使もいる。光の聖痕は表向きには女神族を柱としたチームなので女神族寄りに見えるが、魔神族のメリオダスもいる。メリオダスは十戒を裏切ったとはいえ、魔神族が女神族に滅ぼされることを望んではない。


しかし四大天使のリュドシルは光の聖痕の目的など関係なく、魔神族を滅ぼそうと企んでいる。彼は魔神族を一気に叩くため、光の聖痕の本拠地である妖精王の森に魔神族の非戦闘員を集め、拷問し(聖櫃の中に閉じ込める)仲間を呼ばせていた。魔神族はリュドシルの思惑通り妖精王の森に集結。


エリザベス、メリオダスの警告も虚しく、聖櫃内の魔神を殺し、魔神族と全面対決が始まってしまった…。さらに魔神族を滅ぼすため、四大天使のサリエル、タルミルも戦いに参戦。実質、女神族が優勢だったが、二つの動きが起こる。


一つはゴウセル(十戒)が天界と通じる通路を破壊に成功しそうなこと。そしてもう一つがサリエル、タルミルに手も足もでない十戒のデリエリとモンスピートが自ら自分の六つの心臓を潰し「インデュラ」という存在に変わったことだ。この二つの要員によって、女神族優勢が覆りそうな雰囲気で25巻は終了。

『七つの大罪』26巻の発売日予想


これまでの発売日を見ていくと・・・

23巻:2016年10月17日
24巻:2016年12月16日
25巻:2017年3月17日

このようになっています。


26巻の発売日は、


26巻:2017年5月17日発売予定

『七つの大罪』26巻の内容を予想!


「インデュラ」の詳細はまだまだ不明なままですが、元の姿に戻れない、理性を失う、という代償を払ったことで戦闘力は数段上がると思われます。


ただ…あの場に四大天使が3人いて、インデュラ化した十戒は二人。その二人が簡単に四大天使を皆殺しにしたとなれば、魔神族と女神族のパワーバランスは大きく偏ってしまいますよね…。


そして26巻。26巻では先ほどから話題にしているインデュラ化したデリエリたちと四大天使の戦いが白熱。時間軸でいうところの現在では「女神族は体をなくしている」とありますので、四大天使はインデュラ化した十戒に負ける可能性が高いです。それがデリエリとモンスピートだけに、なのか、もっと他のインデュラ化した十戒にか、は今のところ不明です。


で、魔神族優勢になったところをチート能力を持ったエリザベスが何らかの力を使い、戦いを集結させ、記憶と力を失うのだと思いますが、その過程が26巻では丁寧に描かれると思います。









<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。