『双星の陰陽師』の最新刊12巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『双星の陰陽師』の最新巻である12巻の発売日と、11巻のネタバレから見える12巻の内容を予想していきます!


双星の陰陽師を無料で読む方法もお伝えしますので、じっくり読み進めていただければと思います♪


<スポンサーリンク>



発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

9巻:2016年8月4日
10巻:2016年12月2日
11巻:2017年3月3日

このようになっています。


12巻の発売日は、


12巻:2017年7月4日発売予定

『双星の陰陽師』の最新刊13巻の発売日と内容を予想!

2017.07.26

双星の陰陽師を完全無料で読む方法!


「双星の陰陽師 無料」などで検索すると海外の怪しいサイトにアクセスすることになり、最悪の場合スマホやパソコンにウイルスが侵入します…。


せっかく双星の陰陽師を楽しく読もうと思っても、そんな心配をしながら読んでも素直に楽しめません。


今回ご紹介するのは安全で、しかも日本の大企業が運営しているサイトを使った方法なので安心してください。


では、早速方法を紹介しますね!その方法とはUNEXTというサイトを使う方法です。


UNEXTのサイトを見ると双星の陰陽師の1巻~最新刊の11巻まで販売されていました!あとは、これを無料でダウンロードするだけです!


やり方は簡単で、UNEXTに登録するだけです。登録すると3つの特典をもらえるんですがその内の一つ、


この特典を使えば

無料で登録するだけで双星の陰陽師の購入に使える600円分のポイントがもらえるんです!


このポイントを使って双星の陰陽師の好きな巻をまるまる無料でダウンロード可能です!


私も実際に登録して翌日に解約してみましたが、1分で解約できて、本当に1円もお金がかかりませんでした。それに・・・


無料で購入した漫画は解約後もスマホやPCでいつでも読むことが出来ます♪


今UNEXTは会員を増やすために無料トライアルキャンペーンを行っていますので、早めに登録して双星の陰陽師を無料で読むことをおすすめします!




<スポンサーリンク>



11巻のネタバレから12巻の内容を予想


呪力を失った状態で禍野にさらわれた紅緒は、禍野で神威に出会う。そして以前足を失ったときのように、神威が自分を救ってくれると考え助けを乞おうとするが神威は口撃するだけで助けてくれなかった…。


その頃、ろくろは島の人たちに力を示すため「波達羅盈城御前試合」という…簡単に言うと島中の人の前で戦う大会に出ることを決意する。御前試合には十二天将も出るらしい…。ただ問題が。御前試合に出るためには5人以上の陰陽師のいる家の代表者しか出場資格がないのだ。


ろくろが新たに作った家、焔魔堂宗家にはろくろと式神のきなこしかいない。そこで青陽院にて仲間を探すことになる。青陽院とは平たく言えば陰陽師の学校だ。ここでは学園という概念がなく、試験の結果次第で1組~10組まで振り分けられる。入学から3年後にどのクラスにいるかで将来が決まるところ。


そして青陽院の理事長は有馬。有馬はろくろの強すぎる力(けがれ落ちの右腕)を使えないように封印し、さらに通常の術も使いにくくする呪をかけた。上手く力を出せなかったろくろは10組へ。そしてそこで出会った有馬の息子である有主と出会う。有主は小等部から飛び級した超天才児。そんな有主がろくろの家に住みたいと言い出す。


有主は有馬と上手くいっていないらしく、有馬に振り向いてもらうために双星の陰陽師であるろくろと一緒にいたいのだ。しかし、有馬はそのことをよく思っていなく、有主を勘当寸前まで追い込み、ろくろに預けることにした。有主が正式にろくろの傘下に入ることになり、有主の人脈でさらに3人獲得。ろくろは御前試合に出場する資格を手に入れる。


一方紅緒は呪力がないまま禍野にいた。禍野から出る術がないのだ。呪力がなくともけがれは襲ってくるので、紅緒はこれまでの戦闘を活かしながら全力でけがれから逃げる。そんな光景を見かねてか神威が紅緒を救い、呪力を戻す可能性を示す。その可能性とは陰陽師が付けた婆娑羅ランキング1位の千怒に会うことだ。


11巻を読んでいて、有馬がどれだけ計画にことを運んでいるのかわからなくなった。ろくろを10組に落とし、有主と会わせることも想定内だったのか、それとも有馬がろくろと繋がりをもたせたかった「あの子」とは本当に有主のことなのか…。もしそうであれば、有馬がろくろの家で見せたあれは芝居だったのか。判断が難しい。


12巻で始まるろくろの御前試合も楽しみだが、正直紅緒と千怒の出会いのほうが気になる。紅緒の守護霊は婆娑羅のような感じだったし、もしかすると…けがれの王なのかもしれない。もしそうであれば、紅緒が千怒に会うことで呪力を取り戻しても、敵となるのではないだろうか…。








<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。