漫画『シャコタン★ブギ』の見どころ!感想や評価など

どうも!漫画チルドレンの管理人です!今回は、漫画『シャコタン★ブギ』のレビュー記事となります。


シャコタンブギとは、はじめは喫茶店(カフェではない)での出会いだったと思います。


一話ごとにまとまっているので、巻数を揃えるわけでもなく、だらだらと色々な場所で、色々なときに読み続けていました。


そしたら知らない間に全部読んでしまいました(´・ω・`)


「床屋とかにありそうな漫画ランキング!」でも上位に入りそうですよね。


『シャコタン★ブギ』はこんな漫画


男子高生2人と車がメインの、喧嘩ありロマンスあり笑いありの青春物語。


主に80年代が舞台なので、バブルの香りが漂うこともしばしば。良い意味で昭和の味わいがあります。人が基本的に善意であふれており、牧歌的な雰囲気。その中に、容赦ない喧嘩や、カーレースや、ナンパ物語が繰り広がっていく。


主人公は、ハジメとコージ。二人とも女好きの高校二年生。ハジメは留年しているので18歳で免許を持っており、その車がソアラのシャコタン。


シャコタンとはいまでは聞かなくなったが、車体を落としたヤンキー車。二人は夜な夜な街にシャコタンに乗って繰り出し、ナンパをしたり、夜遊びに励む。


ナンパはいいところまでいくのだが、うまくヤレたためしはなし。仲間たちとのカーレース、東京に行っての出稼ぎバイト、学校さぼっての県外への旅、修学旅行など、様々なイベントも起こっていく。


底抜けに明るく、ほんわかだけど、涙あり、アクションありの青年達の活躍を描く作品。


『シャコタン★ブギ』の主要登場人物


ハジメ


主人公。ダブりの高校2年生。18歳。


愛車は、ツートンカラーで、ボディに67と大きく描かれたトヨタのソアラ。


喧嘩も弱く、どちらかといえばブサメン。だがその性格からか、多くの女から好意は受ける。


ギターがうまい。愛車ソアラには、チューンされたGT-Rのエンジンが積んである。


コージ


もう一人の主人公。ハジメのクラスメート。17歳。原付免許のみ。


同学年だが年上のハジメを先輩と慕っている。ハジメのソアラの助手席に乗り、ナンパにいつも同行する。


なんだかんだいって、いつも最後まではいけない。


イケメンだがそれを鼻にかけず、消極的なタイプだが、先輩であるハジメに常に一歩ゆずり、多くのチャンスを逃している。元祖後輩キャラ?


マリコ


ハジメが惚れている同級生。17歳。


ヤンキー系だが、結婚まで処女を守るという保守的な面もある、昔かたぎのレディースっぽいキャラ。


美人でモテるが、その性格のきつさから、ほとんどの男は撃沈するが、ハジメは懲りずにアプローチを続ける。ハジメを多少は好いているところもある。


ユミ


コージの同級生で彼女。健全なる相思相愛の高校生カップル。


マリコとは親友。一度コージの部屋へ行きベットシーンまで行くが、コージがコンドームを買いに言っている間に心変わりし、その後はキスのみの健全な高校生カップルに戻る。モテる。


『シャコタン★ブギ』はこんな人におすすめ!


☑ のんきな走り屋

☑ 昭和の青春時代にタイムスリップしたい人

☑ 車がシャコタンな人


映像化情報


アニメ


実写映画


1987年に東映系にて公開。木村一八主演。


監督は日本アカデミー賞優秀作品賞と優秀監督賞もとったことのある中原俊。


アニメ(OVA)


全4巻、1991年~1992年に発売。

1.シャコタン★ブギ あの娘とスキャンダル

2.シャコタン★ブギ2 駒崎クンからの手紙

3.シャコタン★ブギ3 参上!セブンのマユミ

4.シャコタン★ブギ4 コージ・マイ・ラブ


作者情報


作者名


楠みちはる 先生


作者の主な作品


◯連載終了

・あいつとララバイ

・Tokyoブローカー


◯連載中

・首都高SPL-銀灰のSPEED STER-

・神様のジョーカー


見どころ


各話ごとにはずれのないストーリーが、なんと全32巻に及んでいるのが魅力。絵柄で敬遠する人もいるかもしれないが、ぜひとも読んでほしい。


時代を超えて残る隠れた名作だと思う。


どの巻を読んでもはずれがないし、取りこぼし感なく読むことができる。基本はしっかりオチのついた楽しい回ばかりだが、たまーにホロリとさせられたりもする。


10年近く連載されたが、その間主人公たちは高校2年生のままなので、読者が取り残されることはない。


連載されていたのはバブル絶頂からその崩壊、そして平成まで、日本が劇的に動いた10年なので、その時代背景がまず面白い。


例えば、ハジメとコージが地元から東京にバイトに行こうと雑誌などで情報収集に励むが、当時はじつにバブル絶頂時。なんと今現在の時給よりも、高いのです。携帯電話すら存在しない頃なのに(笑)


また今ではタブーとなった飲酒運転が、あまり前のようにされており、当時はああそうだったなあと振り返ったりもします。今では考えられないですが、昔はビール飲みながら運転するのって、特別なことではなかったんですよねえ・・。いやはや(´・ω・`)


その時々に流行ったものが登場するのも面白い。


そのときの流行をすぐに取り入れる岡崎クンというのがいて、ある時は車高タカ、ある時はビンテージ車、ああなんだかそんな一過性のトレンドがあったような記憶があるなあと懐かしい気持ちになることうけあいです。


スキーがとんでもなく流行ったり、ボディコンワンレン(笑)、F-1、ハコスカ、ヤンキー、ディスコなどなど、笑いながら、時代を振り返り、懐かしく、楽しい青春がよみがえる、そんな作品です。


全般的にラテンなノリでちゃらんぽらんで底抜けに明るいのですが、そこに渋さを加えているのが、ジュンちゃんという、社会人キャラ。


主人公らの先輩でもあり、兄貴分でもある。昔はいた(ような気がする?)、近所にいた、ちょっと最初は怖いけど、仲良くなるととても頼もしくて、でも厳しさもある、年上のニーチャン的な存在。


いざとなるとヤクザですらぶちのめしてくれるヒーローで、主人公を含めた仲間にとっては、警察よりも国よりも頼りになる人。このキャラのおかげで、作品にぐっと重みが出ています。


一話一話の完成度が高く、年のいった人には、懐かしさも感じれる作品。


若者には、古きよき日本を気軽に感じることができ、裏をかくとか伏線とかややこしいことのない、澄んだ心のままスッと読める、今のマンガにはなかなかない良作です。


読者の感想


懐かしさで、全巻購入しましたがまだまだ新しい読み口です。


そしてなんだかじーーーーんとキュー―――ンとくる!


何度も読み返してしまい、ジュンちゃんのカッコよさに惚れ惚れです。


私的には、稲妻の少女編がが大好きで、若いころサバンナを買おうと必死で働いて居た頃を思い出しました。




名画「アメリカン・グラフィティ」に負けない、恥ずかしい青春。基本的には笑えるマンガなんですが、マジなシーンやらほろっとさせるシーンもあり、どうしてどうして文学的な水準も高いです。


なにより、この作品に登場する車高短やらヤンキーやらの風俗が、とても良い。二十年近く前の風俗ですけど、こういうのって誰も記録してくれないじゃないですか。


それが活写されてる。長い連載の最初のほうでは、高知(とおぼしき土地が舞台)の方言も全開で楽しい。


やってることはめちゃくちゃバカなんですが、誰にでもあるでしょこういう時期。胸一杯の共感と、こっ恥ずかしさが蘇る。ぜひご一読を。また、クルマに興味のない人でも楽しめます! いやほんと、楽しい作品です。



20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。