『ブラッククローバー』の最新刊11巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『ブラッククローバー』の最新巻である11巻の発売日と、10巻のネタバレから見える11巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

8巻:2016年10月4日
9巻:2016年12月2日
10巻:2017年3月3日

このようになっています。


11巻の発売日は、


11巻:2017年5月2日発売予定

10巻のネタバレから11巻の内容を予想


9巻に引き続きアスタの腕を治すために各地へ向かった黒の暴牛メンバー。ノエルがラックに「アスタが私たちに戦う力をくれた…!!今度は私達がアイツを戦わせてあげるんだから…!!」それをこっそり聞いていたアスタの泣き顔が印象に残った。


こんな世界で魔力を持たずに生まれてきて、そして目標は魔法使いの最高峰なんだから悔しいに決まってる。そんな中でも頑張ったアスタが認められ、心の底から嬉しい気持ちが読者にも伝わるいいシーンだったと思う。


ノエルの提案でノエルとフィンラルはダイヤモンド王国から亡命した者たちの元へ向かった。その三人は過去に黒の暴牛に救われた経験があるらしい。(余談:この話は小説限定の話らしい)


ダイヤモンド王国の技術を宛てにしてきたノエルたちだったが、結局治療法は見つからず。ただ、ドミナントの故郷がバネッサと同じ魔女の森で、魔女の森の女王なら治せるかもしれないと伝える。そして女王にとってバネッサがどれだけ重要だったかも知った。


バネッサを女王から救出、アスタの腕を治す可能性を見つけにいくということでダイヤモンド王国からの亡命者、ファンゼルとドミナントマリエラ、アスタ、ノエル、フィンラルは魔女の森へ向かった。


アスタたちが魔女の森に着いた時にはすでにバネッサが女王に捉えられていた。…と、その時ダイヤモンド王国が魔女の森に攻め込んできたのだ。攻めてきた主要メンバーは、三魔眼のファナ。サラマンダーを宿した少女だ。そしてかつてアスタやユノとダンジョンで戦ったマルス。魔力を吸収するラドロス。


先制攻撃でファナがサラマンダーを呼び出し魔女の森を焼いた。応戦しようとアスタが口でアンチ魔法の剣を持ち上げるも戦えそうにない…。そこで女王がアスタの腕を一時的に治した。腕が治ったアスタは敵を次々に倒しファナを追い詰める、が、ファナはサラマンダーと共にさらに強くなっていく。


サラマンダーと相性のいいノエルがコントロールできるようになった水魔法「海流の咆哮」を放ちファナを窮地に追いやり。アスタが決めた。


ところ変わってファンゼルはラドロスと戦っていた。空をファンゼルが、地上からはドミナントとマリエラ、魔女部隊がといった感じで連携して敵と対峙。が、ラドロスの魔力吸収の能力の前に地上部隊もファンゼルも窮地に追いやられる。そしてラドロスはドミナントを殺そうとするが…


マルスが救出する。マルス「先生(ファンゼル)の教え…オレに届いています」。ここで10巻は終わり。


ブラッククローバーは好きだけど、10巻のやり方は正直好きではない。小説に登場したキャラが漫画に登場し、何の説明もないまま話が進んだ…これって漫画だけの読者だと混乱するやり方なので、きちんと説明を入れるか、小説で書いたストーリーを漫画でも描くべきかと。


とはいえ、10巻も面白かった。マルスがまさか寝返るとは…!11巻ではマルスがラドロスと敵対し、さらにサラマンダーの少女ファナが正気に戻る。色々と順調だが、女王が単純にアスタの腕を治すわけはなく…アスタは女王に操られてしまう。アスタの腕はしっかり治すことは出来るのだろうか…。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。