『鬼滅の刃』の最新刊6巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『鬼滅の刃』の最新巻である6巻の発売日と、5巻のネタバレから見える6巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

3巻:2016年10月4日
4巻:2016年12月2日
5巻:2017年3月3日

このようになっています。


6巻の発売日(予想)は、


6巻:2017年6月3日発売予定

5巻のネタバレから6巻の内容を予想


5巻は炭治郎と伊之助で協力して父鬼と戦うシーンから。父鬼は体が硬く炭治郎と伊之助の攻撃が通らない。炭治郎は機転を利かせて、大木を水の呼吸弐ノ型で斬り父鬼の上に落とした。父鬼は身動きが取れない。そこに同じく水の呼拾ノ型で攻撃しようとしたが、父鬼は大木をバットのように扱い炭治郎を遠くへふっ飛ばした。そのため伊之助と父鬼の一騎打ちが始まる。


所変わって…善逸は蜘蛛化の影響で呼吸もしにくくなり、手足の感覚も失いつつあった。そこへ柱の胡蝶しのぶが登場する。


またまた所変わって…伊之助と父鬼。伊之助の攻撃が父鬼に通らないので、伊之助は考えた。二刀流を活かし、最初の攻撃で腕を狙い、もう一刀を最初の攻撃の上から打ち込み父鬼の右腕を切断した。逃げる父鬼、追う伊之助。父鬼は木の上に逃げ…脱皮した。


以前と全く別の生き物のように姿を変え、大きさも2倍近くになる。ますます伊之助の攻撃は通らなくなり、伊之助に打つ手はない。あとは殺されるのを待つだけだ。が、そこへ冨岡義勇が登場し一瞬で父鬼を殺した。


そして炭治郎。炭治郎は飛ばされた先で十二鬼月と戦うことになる。硬度の高い糸を使いこなす鬼なのだが、炭治郎の剣も初っ端で簡単に折られてしまう。そのまま糸の攻撃によって炭治郎は絶体絶命だったが、禰豆子が箱から出てきて炭治郎を守った。


その様子を見た十二鬼月の鬼は「本物の絆」を見たと喜び、禰豆子を自分の家族にしようとする。もちろん炭治郎は拒否。考え方も強さも危ない鬼。しかし鬼の圧倒的な強さの前に禰豆子は捕縛される。炭治郎は折れた剣で奮闘するものの一歩届かない。


この場も冨岡義勇が救出にきて圧倒的な水の呼吸で十二鬼月を簡単に倒してしまう。そこへ冨岡義勇と別の柱である胡蝶しのぶが登場。禰豆子を殺そうとするが炭治郎と禰豆子の関係を知っている冨岡義勇は炭治郎に助太刀。5巻はここで終了。


6巻では今回の事件をきっかけに炭治郎が鬼とつながっていることがバレてしまい、柱たちが集う場所へ連れて行かれる。さらにそこに鬼殺隊のトップお館様が登場。炭治郎と禰豆子の処遇に関して言い渡す。そして炭治郎、伊之助、善逸は療養のため胡蝶しのぶの屋敷に連れて行かれる。


そこには最終選別の同期であるカナヲもいた。カナヲと一緒に治療と修行をし、3人はさらに強くなる。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。