『銀河英雄伝説』の最新刊6巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『銀河英雄伝説』の最新巻である6巻の発売日と、5巻のネタバレから見える6巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

3巻:2016年8月19日
4巻:2016年11月9日
5巻:2017年2月17日

このようになっています。


6巻の発売日は、


6巻:2017年5月19日発売予定

5巻のネタバレから6巻の内容を予想


5巻では自由同盟のホーランドに指揮権のある艦隊を使って帝国に奇襲をかける。奇襲は上手くいき、帝国軍の陣形は崩れ大きな打撃を受けた。ホーランドはそのまま後続で控えているラインハルト艦隊に迫る。


が、ラインハルトはホーランドと対峙せずに徹底的に後退。ホーランド艦隊に残された道はラインハルトを追うことしかできない。ホーランド艦隊が撤退をすればラインハルト艦隊と帝国軍の本隊で挟み撃ちを受けるからだ。


そのためホーランドはラインハルトに突っ込む。が、燃料がつき結局ラインハルトに追いつくことは叶わなかった。その光景を見てラインハルト艦隊は前進。ホーランド艦隊を駆逐した。またしてもラインハルトは大きな戦果を上げたのだ。


帰国後、ラインハルトは今回の功績として大将に昇進。そして皇帝から旗艦(ベルガー元帥のヴィルヘルミナのような)を与えられた。旗艦の名前はブリュンヒルト。最新の技術を搭載し、通常の戦艦の7倍のコストをかけて開発された最新機だ。ラインハルトは非常に気に入った様子。かっこいい。


ブリュンヒルトを見た帰り道、ラインハルトの家の前にオスカー少将がいた。彼が言うには、戦友のミッターマイヤーが貴族に囚われたので助けてほしいとのこと。捉えたのはブラウンシュヴァイク家のフーゲル。以前からラインハルトを敵視している大物貴族だ。


ミッターマイヤーは部下が一般人の女性を暴行し殺したことに対し弁明を求めたが、部下は自分が貴族だから殺したと…支離滅裂な発言をしたため軍規に則り殺した。その部下がブラウンシュヴァイク家と近い血統の者だったのだ。そのため、罰を与えるということでミッターマイヤーは捉えられている。理不尽。


ラインハルトは一時間あまりで100人以上の軍人を集め、ブラウンシュヴァイク家に乗り込んだ。そして話し合いの元、ミッターマイヤーを救出。オスカー、ミッターマイヤーは今後ラインハルトの強力な両翼となり働くことになる。


そして新たな戦いが始まる。ブリュンヒルトの初陣だ。ただ、今回の自由同盟軍にはヤンがいる。一筋縄ではいかない模様。またしてもラインハルトの妙案によって、自由同盟軍は壊滅的な打撃を受ける。もちろんお決まりだが、自由同盟軍の被害を抑えようと事前にヤンが助言をしていたが、上層部は聞かず…。


結果として自由同盟軍はレグニッツァの中へ入ることになった。この星は時速200キロもの暴風と常に雷が奔っている危険な星。自由同盟軍を負ってラインハルトたちもレグニッツァへ入っていく。


6巻ではレグニッツァでの戦いになる。小説を読んでいないので先を知らないが、同盟軍は窮地に陥って、ヤンが何らかの助言をし採用され助かる。帰国後ヤンは昇進。そして兵を守るためには権力が必要と、ここ2戦を通して学び、政治の世界、軍、使えるものをすべて使い昇進するのではないだろうか。


正直、これまでを見てもラインハルトよりヤンが格上だ。二人の違いは権力差。早々にヤンが権力を手に入れ、ラインハルトと本物の知恵比べをやってほしい。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。