『ゴブリンスレイヤー』の最新刊3巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『ゴブリンスレイヤー』の最新巻である3巻の発売日と、2巻のネタバレから見える3巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

1巻:2016年9月13日
2巻:2016年2月25日

このようになっています。


3巻の発売日(予想)は、


3巻:2017年8月10日発売予想

2巻のネタバレから3巻の内容を予想


1巻の最後につぶやいていた「オルクボルグ」はゴブリンスレイヤーのことだった。彼女はゴブリンスレイヤーを探していたのだ。彼女はエルフ。ドワーフとリザードマンとパーティを組んでいる。


魔神王の一つが目覚め地上の生き物を駆逐しようとしているため、リザードマンの族長、人間の諸王、エルフとドワーフの長が会議を開くとのこと。そして先駆けなのか、エルフの土地でゴブリンたちの動きが活発なため、ゴブリン狩りに協力してほしいらしい。


エルフが弓を使って見張りのゴブリンを始末し、中へ進み囚われのエルフを救った。その後、ゴブリンたちのねぐらへと向かう。ねぐらには50匹以上のゴブリンが…。一気に駆逐するためにドワーフのドランク(対象を眠らせる)を使って全ゴブリンを眠らせた。ドランクの詠唱中に1匹目覚めたゴブリンがいたが、女神官のサイレンス(対象の音を消す)によって上手くいった。


あとは眠っている無抵抗なゴブリンたちを1匹ずつ確実に仕留めて終わり。ゴブリンをすべて倒すと、奥の部屋からオーガが現れた。オーガは圧倒的なパワーと強い魔術を操る魔物。パーティは大苦戦した。


あわや全滅かと思った時、ゴブリンスレイヤーの持ち物の巻物(開くと魔法が使えるアイテム)を使って、巻物の能力である転移の能力を発動。海底とつながっていたため、海底で圧し潰されていた水の精が開放され、水流の刃でオーガの体を真っ二つに。とどめも刺し、勝利した。


さらに奥へつながる道もあったが、パーティ全員が負傷しているため一旦引き上げ。任務完了だ。


3巻ではゴブリンスレイヤーも魔神王の討伐隊、もしくは魔神王の部下の討伐に駆り出されるだろう。さすがにこの状況でゴブリンだけ狩っていても仕方ない。銀等級をもらうだけの戦力なので放っておかれないだろう。今回もゴブリン以外を討伐していたし。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。