『BIRDMEN』の最新刊10巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『BIRDMEN』の最新巻である10巻の発売日と、9巻のネタバレから見える10巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

7巻:2016年3月18日
8巻:2016年8月18日
9巻:2017年1月18日

このようになっています。


10巻の発売日(予想)は、


10巻:2017年6月18日発売予想

9巻のネタバレから10巻の内容を予想


9巻で物語は大きく動いた。まず一つ目に、イブのクローンたち(3人)が世界の多数派をセラフにすべく動きだす。一人は子どもの予防注射に”拡散者”の力を持つセラフの血を入れ、子どもをセラフ化する(数を増やす)。一人はセラフの力を授かった子たちに教育を(育てる)。一人はセラフを多数派にすべく人間の数を減らす。すべてが成功すれば世界は大きく動くだろう。


セラフ側にも大きな動きが。一つは、アーサーの恋人であるロビンが”先導者”の力を手に入れた。能力を使い牢に入れられている”狂戦士”のセラフと”増幅者”のセラフとユニットを組む。ユニットを組ませたのはエデン側だが、ロビンたちはこのユニットで人間たちを出し抜こうと考えている。


英司たちも動いた。つばめがリンカーに覚醒したことで、人間たちに勝てる材料が揃ったのだ。彼らは協力することで人間の意識化に潜り込み人間の記憶を書き換えたり、操ることに成功。この能力を使って自分たちにエデンの刺客たちを逆利用した。


また、英司が最近見る白い夢に出てくるのは鷹山だった。おそらくセラフ同士共鳴しているのだろう。夢の中で鷹山とヒマラヤ山脈で会う約束をし、ヒマラヤ山脈で鷹山を呼んだ。が、鷹山以外のセラフも集まってきて、さらにブラックアウトも起こった。鷹山も登場。ただ…以前の鷹山とは何か雰囲気が違う。


10巻ではイブのクローンたちの目論見が上手くいき、おそらく”超越者”となっている鷹山を連れエヴァの救出、ついでにエデンの壊滅を行うだろう。もちろん一つの本に収まる内容ではないので、これは最終目標。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。