『火葬場のない町に鐘が鳴る時』の最新刊9巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

どうも!漫画チルドレンの管理人です!


漫画『火葬場のない町に鐘が鳴る時』の最新巻である9巻の発売日と、8巻のネタバレから見える9巻の内容を予想していきます!


発売日は!?


これまでの発売推移


これまでの発売日を見ていくと・・・

6巻:2016年8月19日
7巻:2016年11月18日
8巻:2017年2月20日

このようになっています。


9巻の発売日(予想)は、


9巻:2017年5月20日発売予想

『火葬場のない町に鐘が鳴る時』の最新刊10巻の発売日と内容を予想!無料で読む方法も公開!

2017.05.28

8巻のネタバレから9巻の内容を予想


7巻終盤でみとず町を出ることを決意した勇人。しかしみとず線は全面運休。電車を使っての脱出は不可能だ。そこで徒歩で脱出を決意するも、そこに奈央が。姉の蓉子が行方不明のため一緒に探してほしいと勇人に持ちかける。


奈央は蓉子が冥途に捕まっていると思い、冥途の隠れ家を探そうと提案。そのために昨夜、勇人が井戸のところで戦った冥途の右手を奈央は捕獲していた。バッグから出すと右手はどこかへ動きだした。それを追いかける勇人と奈央。


結果として右手を追うことを断念し、途中で出会った少女(雪割)に連れられて蓉子のいるであろう場所へ向かった。そこはみとず高校だ。みとず高校ではこれから町長から重大な発言があるとして、町民が集められる。町民は最近の冥途様の異常発生はよそ者のせいだと思い込み、よそ者である蓉子を捉え町長の前で処刑する算段だった。そのため、蓉子はみとず高校のグラウンドにいた。


町長の重大な知らせというのは大きく分けて三つ、一つは今後”新しいみとず町を築く仲間”の紹介。昨夜勇人たちを襲った戒斗も所属する「三途十弥坊」。二つ目は町長が老龍上人のち力を少し借りることに成功したこと。三つ目はこれからみとず町に冥途もどきではなく、真の冥途様が降臨されるということ。


町長に不満のあった町民たちは暴動を起こす。町長の命を狙い、持参した鎌や刀、ゴルフのドライバーなどで襲いかかる。町長は三途十弥坊によって守られているが、蓉子が最も危険。ピンチの蓉子を救うために冬雨が拳銃を持って登場。町民たちを銃で撃ち注目を集めている間に、奈央が蓉子を救出。しかし逃げる途中に町民の一人が立ちふさがり、奈央は殺されてしまう。冬雨は蓉子が助からないと判断し、奈央を抱えて逃走。


そうこうしていると、18時になるはずの鐘が鳴り冥途もどきが現れたー…。


みとず町で起こっている不可解な現象はどこか人間が関与しているように感じていたが、これまでのことは町長によって起こされている復讐ではないだろうか?奥みとずの民を事故に見せかけて殺したみとず町市民に対しての大掛かりな復讐。


最終的な目的は、奥みとずの人たちが成し遂げたかった「みとずを開くこと」。8巻を読んでそう感じたが、今後登場するであろう「真の冥途様」に関しては人間の範疇を超えていそうなので、この予想は間違っている可能性もある。


9巻では、「冥途もどきvs町民」が。おそらく町民は壊滅的なダメージを受けるだろう。またもう一つの戦いが始める。「勇人を殺したい戒斗」vs「勇人をみとずから逃したい雪割」vs「勇人を三途十弥坊に加えたい町長」。

20万冊以上の漫画から無料で選び放題!


年間に3000冊程度漫画を読む私も利用している方法です!


20万冊以上から好きな漫画を選んで完全無料で読める方法を公開しています。
(完全無料で読めます!)











<スポンサーリンク>

コメント

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。